不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「胚盤胞移植より妊娠確率UPの2段階胚移植」の記事一覧
2人に1人が妊娠する胚盤胞移植よりすごい方法!?
胚盤胞移植で着床しなくてもまだまだ方法はあるんです☆
2段階胚移植はどうして妊娠確率があがるのか・・・?
なるほど。時期をずらして2つ移植をするのにはちゃんと意味があるんです!
2段階胚移植のメリットとデメリット
2段階胚移植っていいかも☆デメリットもあるけどこれは人によってはデメリットにならないかも!
2段階移植のデメリットを改善したSEET法
2段階胚移植をさらに発展させたSEET法、技術はどんどん進化していってるんですね。
| 体外受精・顕微授精(胚盤胞移植より妊娠確率UPの2段階胚移植) | 14:28 | - | - | pookmark |
胚盤胞移植より妊娠確率UPの2段階胚移植

2人に1人が妊娠する胚盤胞移植よりすごい方法!?


以前「胚盤胞移植で2人に1人が妊娠!?」っていう体外受精や顕微授精の胚移植時の記事を書いたんですが、胚盤胞移植よりもさらに妊娠確率が高い移植方法があるんです^^

それが「2段階胚移植」です!!

これは1999年に、当時滋賀医科大学にいた後藤栄医師(現在は英ウィメンズクリニックだそうです。この病院も有名ですよね〜。)が発案した方法だそうです。

要は、採卵後2日目〜3日目に分割胚、5日目〜6日目に胚盤胞を移植する方法です。
時期をずらして2つ戻すわけですね。

2段階胚移植はどうして妊娠確率があがるのか・・・?


2段階胚移植は、ただ2つ戻すから確率が上がるわけではありません。
同時に2つまたは3つ戻す移植方法とも異なります。

そもそも、受精卵は通常卵管で育ち、子宮に運ばれて着床するのですが、実は卵管の中にいる時に受精卵が母体に妊娠を促す信号を送っていることが分かっているそうです。

でも、胚盤胞移植の場合、受精卵が育っている期間は母体の外にいるわけなので、母体に信号が送れないわけです。
だから母体側では妊娠の準備がまだ出来ていないのに、いきなり胚盤胞が子宮の中に移植され、母体は慌てて準備をするそうです。

急に準備をしても間に合う確率も高いらしいのですが、やっぱり間に合わない場合もあるみたいで、それを何とかしようとして生まれたのが、この2段階胚移植だそうです。

つまり、最初の分割胚は子宮の状態を整えるために移植し、その後準備が整った時に胚盤胞を移植することで、胚盤胞単体で移植するよりも確率を上げちゃおうという方法なわけです☆

2段階胚移植のメリットとデメリット


2段階胚移植のメリットの1つは、もちろん妊娠成功率が高いということです。
2段階胚移植を考案した英ウィメンズクリニックによると、妊娠率は50%〜70%だそうです。
分割胚が30%前後、胚盤胞移植が40%〜50%ぐらいなので、この数字はかなり高いですよね。

う〜ん、希望が持てます!^^
私も今回の胚盤胞移植が失敗に終わったら先生にお願いしてみようかな。


次に、移植のキャンセルで精神的につらい思いをすることが少なくなるというのもメリットの1つです。

胚盤胞移植の場合、採卵周期の移植であればどうしても胚盤胞にまで育たず、移植がキャンセルになったりすることも結構あります。
(凍結胚でも私の場合は変性してしまって当日キャンセルになったことがありましたが・・・泣)

でも2段階胚移植であれば、例え胚盤胞まで育たなくてもその時点では既に分割胚は移植出来ているので、移植キャンセルはなくなります。
(もちろん、そもそも分割胚まで育たなければ移植は出来ませんが・・・。)


次にデメリットですが、やはり多胎の可能性が多いことがあげられるようです。
妊娠率が高い分、最初の分割胚も後の胚盤胞も両方育ってしまい、双子が生まれる可能性が高くなるようです。


2段階胚移植のデメリットを改善したSEET法


2段階胚移植のデメリットを補うために、新たに2段階胚移植の発展系として登場したのがSEET法です。

そもそも2段階胚移植の最初の受精卵は、信号を送るためだけに子宮に戻すので、それなら受精卵でなくても受精卵を培養した培養液にもその信号が含まれているのではという考え方から発生した方法のようです。

この方法では、まずは胚盤胞移植の3日前ぐらいに培養液を子宮に戻し、その後胚盤胞を戻すそうです。
戻す卵は1つだけなので多胎にはなりにくいし、それでも妊娠する確率は2段階胚移植と同じくらいあるそうです。

多胎を希望しないけど妊娠確率はあげたいって方にはこちらの方がおすすめのようです。
ただし、やはりSEET法では妊娠しなくても2段階胚移植では妊娠する方もおられるみたいなので、最終的には2段階胚移植をしたりする場合もあるようです。


っていうか・・・。
そもそも多胎にならないのであれば胚盤胞移植を全部SEET法にすれば良いのでは・・・、と今気が付きました!!
卵の必要数も単体の胚盤胞移植と変わらないし、それで妊娠確率があがるのなら、よく考えたら胚盤胞移植をする前に培養液を子宮に戻せばいいだけですもんね?

う〜ん、どうなんだろう。
ちなみに私が通っている病院ではSEET法の記載はHP上にはないようだし、病院での体外受精などの説明でも聞いたことがないので(2段階胚移植は最初の説明の時に言ってた。)、やっていないのかもしれませんが・・・。

少し調べてみるとやはりSEET法は最初からではなく、結構最終手段的に使われているみたいです。
病院によっては38歳以上とか数回以上胚移植をやってからとか決まっているみたいです。
不思議ですよね。
通常の胚盤胞移植を全てSEET法にしてしまえば、もっと妊娠確率もあがるのに。
(ちなみにSEET法の金額もそんなに高くないようです。普通の移植プラス1万円とか3万円とかそんな感じでした。)

まあ、どちらにしても私は今回の胚盤胞での移植が失敗したら、2段階胚移植をお願いしてみようと思います☆

| 体外受精・顕微授精(胚盤胞移植より妊娠確率UPの2段階胚移植) | 13:17 | - | - | pookmark |