父への報告/D26高温期12日め

妊活6周期 顕微授精準備

D26
高温期12日め
基礎体温36.66℃

点鼻薬にもだいぶ慣れてきました。

さて、顕微授精が決まる前日に、父に不妊クリニックに通っていることを電話で話しました。

本当はお盆に帰った時に話そうかと思ったのですが、初盆だったため、人もたくさんいて話すに話せず。

事細かに話しました。

父、泣いていました。

でも、悪い意味で泣いていたのではなく「子供を作ろうとしてくれて嬉しい」という涙でした。

母は10年以上前にガンで他界。

一人で生活している父にはとても嬉しい話だったのでしょう。

顕微授精が決まってから、顕微授精の話もしました。

「採卵の手術は入院するのか?お見舞いに行こうか?」とメールもあり、父なりに心配してくれているんだなぁと実感。

主人の両親にも報告しました。義母が自分のことを責めていたと、主人が話していました。

会うたびに、「子供は?」と聞かれていたし、メールでも話の最後にはいつも子供の話をしてきていたので、当分落ち着くでしょう・・・ちょっとホッとしました。

もうすぐリセット。月経3日目から注射!頑張る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました