不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
胚盤胞移植で2人に1人が妊娠!?

胚盤胞移植で妊娠確立50%!!


まず胚盤胞というのは受精卵が細胞分裂を繰り返していって5日目、または6日目の状態のことを言います。
胚盤胞で移植すると着床率が高いことから、胚盤胞移植を行っている方も多いようです。

↓は私が通っている病院の胚盤胞移植と分割期胚移植の妊娠確率のデータですが、分割期胚移植が30%弱なのに比べて、胚盤胞移植だと何と50%強!
計算上は2人に1人、もしくは2回胚盤胞移植をすればが1回は妊娠できるわけです!
2010年移植法別妊娠実績

分割期胚と胚盤胞

実は私も1度目の胚移植は胚盤胞を移植する予定でした。
ところが、当日病院に行くと解凍した胚盤胞が変性してしまって、当日移植キャンセルとなってしまいました(泣)
結局次の周期に2度目の胚移植を分割期胚で行いました。(結果はまだ出ていませんが・・・。)

グレードのよい胚盤胞が育っていただけに、1度目の変性卵には本当にショックでした。

胚盤胞移植だとなぜ妊娠の確率があがるのか?


自然妊娠を考えると、受精後1週間ぐらいで胚盤胞は透明帯の殻を破り子宮に着床します。
つまり、「受精後1週間後ぐらい」に「胚盤胞」を子宮に戻すのが一番自然に近いと言えます。

しかし、分割期胚移植の場合「受精後2日目または3日目」に「2日目または3日目の分割期胚」を移植するので自然の状態ではないわけです。
(そもそも自然妊娠の時には分割途中の胚は子宮ではなく卵管を移動しているそうなので。)

つまり、胚盤胞移植の方がより自然に近い形に近づけて妊娠の確率を上げるということみたいですね。

もう1つは胚盤胞の培養は、当然初期胚の培養に比べて長い間体外にいるので、その分ストレスが大きいとされています。
そのストレスの大きい体外で立派に胚盤胞にまで育った受精卵なので、その分強くて良好な卵なので、妊娠の確率もあがると考えられているみたいです。

受精卵はどのぐらいの確率で胚盤胞になるのか・・・?


妊娠の確率が高い胚盤胞ですが、全ての胚が胚盤胞になるわけではありません。
確率を調べてみると、病院によっても多少違うのですが、20%〜40%、30%前後のようです。
単純に考えると、
受精卵7個→胚盤胞2個→胚盤胞移植2回→1回妊娠(胚盤胞になる確率は30%で計算)
となるわけです。

ただし、これ人によって全く違うみたいで、ほとんどが胚盤胞まで育つ人もいれば、いくらやっても胚盤胞に育たない人もいるようです。

私も12個の受精卵のうち、6個を胚盤胞まで育ててみましたが、1つしか育ちませんでした。
(そのせっかく育った1つが変性してしまったわけですが(泣))


胚盤胞移植を予定していた場合、胚盤胞にならなければ移植キャンセルとなって、また採卵から始めなくてはいけなくなります。
採卵までしたのに移植も出来ずにまた採卵ってつらいんですよね。
掲示板や知恵袋等でもよく相談を見かけます。

結局、胚盤胞が出来やすい人はもちろん胚盤胞移植の方が確率も高いし、移植の回数も少なくてすむからいいかと思いますが、なかなか胚盤胞にならない人は胚盤胞が育つのを待つのも1つですが、分割期胚で移植を試みるのも1つの手だと思います。

実際、胚盤胞移植を何度かやっても妊娠できなかった人が、分割期胚の移植で妊娠したという体験談もいくつも見ましたので・・・^^

◆関連ページ ----------------------------------------------------------------------------------
受精卵のグレード&分割スピードと妊娠確率!
| 体外受精・顕微授精(胚盤胞移植で2人に1人が妊娠!?) | 12:24 | - | - | pookmark |