不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
大阪の不妊治療専門病院「IVFなんば」について

全国的にも有名な大阪のIVFなんばは費用が高いことでも有名!!


私が通ったIVFなんばは、全国的にも超有名な大阪の不妊治療の病院でした。
多分、調べている人も結構おられると思うので、IVFなんばについてまとめておきます。

私の場合、最初はそんなに有名とは知らずに行きはじめました。

ネットでちょこちょこっと口コミを調べ、どうも大阪では有名らしい、まあとりあえずここから行ってみようか、という感じでした。

で、行きだしてから分かったんだけど、とにかく費用が高いっ!!

体外受精に進むとき、調べると体験談等でも30万〜50万顕微授精の場合はそれにプラス10万円ぐらいという意見が一般的だったけど、いや、いや、いや、IVFなんばはそんなもんじゃない(^^;)

誘発方法や注射の量にもよるけど、刺激周期での採卵(顕微授精)〜移植(2段階移植)までで、私の場合は80万弱ぐらいかかってるかも・・・。(注射や診察等全て含めて)

まあ、私の場合は顕微授精で卵の数も多いし、だから受精卵の凍結もしてるし、移植も2段階だったので、1回の採卵〜移植までの金額としてはかなりマックスに近いとは思うけど。

ちなみに凍結胚を解凍して移植だけだと1回15万円ぐらい。(AHA含む。2段階移植の場合はもう少し高いけど。)

だいたい助成金と同額ぐらいなのでまだ何とかなるが、とにかく採卵が高い気がする・・・。

1度目の採卵(顕微授精で余剰胚は凍結)の時は移植キャンセルになって移植が出来なかったけど、それでも70万ぐらいはかかっている。

いや〜、採卵した時期の費用的なプレッシャーは相当なものでした。
それだけで体調不良に陥りそうなぐらいのプレッシャーで、こんな治療してていいのだろうかと悩むこともたびたびでした。

でもIVFなんばの不妊治療はやっぱり高度だと思う


と、費用的にマイナス面ばかり書いたけど、高いだけあってIVFなんばの不妊治療はやっぱり高度だと私は思います。

というか、IVFなんばしか行ったことがないので、他と比べることは出来ないんだけど、口コミや体験談等を見ていても、治療を進めた後で原因が見つかったり、必要な検査がされていなかったり、同じ治療を繰り返したりってことが結構あるみたいですが、IVFなんばではそのような事はありませんでした。

行きだした最初にたくさんの検査を行い、その検査結果に沿って治療方針が決まっていきます。

その分検査費用も高かったけど(最初に10万ぐらいかかった・・・。)、無駄な治療をせずに済んでよかったのかな、と私は思います。

また、ダメだった時には方法を変えてチャレンジします。
これも、私的には良かったかな。

「じゃあ、次はこうしてみましょう」とか言われると、また希望を持って治療に臨むことが出来たし。

私の場合、採卵も1度目はロング、2度目はアンタゴ。

移植も

凍結3日目胚移植(1個)

凍結胚盤胞移植(1個)

凍結2日目胚移植(2個)

新鮮2段階移植(3日目と胚盤胞の2個)


と、毎回方法を変えてチャレンジしてくれました。

これ、結構大きいと思う。
っていうのも、病院によっては、失敗しても同じ方法で繰り返すような所も結構あるみたいで、何度も同じことやって失敗してたら、さすがに希望が持てなくなるし時間の無駄だしね。

結局は妊娠できたから思うんだろうけど、私はIVFなんばで良かったかなあと思っています。


IVFなんばの施設環境


IVFなんばの病院施設は、高いだけあったとにかくすごいです。
始めて行ったときは、ホテルの受付かと思いました(^^)

この受付がとにかく長いっ(笑)
(待ち時間じゃなくて長さがね)

で、無料のカフェとかあるし。
少しでも元を取ろうと、毎回必ず行ってましたよ。
(って、そんな事で元は取れないけど・・・(^^;))

院内はPHPで呼び出されるので、どこにいても(院内であれば)大丈夫だし。

最新の雑誌はたくさん置いてあるから、時間つぶしもそんなに苦じゃないし。
(でも、待ち時間はかなり長い。病院の日は半日がかりだった・・・。)

それからベッドがふかふか(笑)

採卵や移植の時の待ち時間に使う個室のベッドなんだけど、多分あれは高級ベッドだと思われる・・・。
その後、OHSSで入院した時に「なんてベッドが固いんだ!!」って思ったから。
IVFなんばのベッドがほんと懐かしかった(^^;)

あ、そういえばソファーもふかふかでした(笑)

今、妊婦健診で普通の総合病院に通いだしてから、いかにIVFなんばの施設が高級だったかを思い知らされています・・・。

まあ、もちろんあれだけお金を払っているわけですから、当然と言えば当然かもしれないけどね。

それから、完全に不妊治療専門なので、普通の産婦人科のように子供連れで来られる方はいません。
っていうか、子供連れは無理なようで、患者さんのフロアとは別にキッズルームがあるようです。
(中を見たことはないけど。)


不妊治療中に子供さんを見たくないって方も多いようなので、そういう配慮もちゃんとされています。

ちなみに、陽性反応が出ると結構早い時期に卒業するので、お腹が大きな妊婦さんも見当たりません。

あの人お腹がちょっと大きいかなあと思われる場合は、私のようにOHSSで死にそうになっている場合です(笑)

とにかく、施設は良かったです。

だから私はIVFなんばに行く日は、カフェで雑誌読みに行こうって気分で通ってました(^^)

あ、ただし、フルタイムで仕事をしている人にはちょっと厳しいかも。
夕方までしか空いてないし、予約をしていても待ち時間が本当に長いので、よく切れてる人を見かけました(^^;)
(PHSで病院の人に激怒してる人、ホントにたまにいるんです!!)


IVFなんばの先生たち


IVFなんばでは、先生は担当制ではありません。
なので、毎回違う先生に当たったりします。

で、先生もかなりたくさんいるので、1年以上通ったけど知らない先生も結構います。

先生たちは、みなさんちょっと機械的な感じがします。
(私の個人的な感想だけど。)
まあ、こういう大きな病院で、患者数も多かったら仕方がないのかもしれませんが、何でも先生側から詳しく説明してくれるわけではありません。

知りたいことはメモして行ってこっちから質問しないと分からないままです。

最初はそういったシステムに慣れていなかったのと、不妊治療自体のことが分かっていなかったので、何も分からないまま治療が進められているっていう感じでした。

まあ、説明はなくても、先生同士の情報の共有もしっかりされているし、病院全体である程度方針は統一されているっぽいので、そんな問題はないのですが・・・。
(それでもやっぱり細かい方針は先生によって違うけど。)

あ、そういえば、毎回先生は変わっても、私の病歴とか注意点とかは必ずどの先生も把握してくれていました。
この辺りは、本当に助かりました。


それと、通いだして最後の方に気が付いたのですが、担当制ではありませんが、担当制っぽくすることは出来ます(笑)

人工授精や、体外受精の採卵や移植は日にちが決まってしまうので先生を選ぶことは出来ませんが、要は方針を決める時だけ同じ先生であればいいわけです。

方針を決めるのは、基本的には判定日です。

判定日に陰性であれば、次はどうするのかを決めることになるわけですから。

で、予約時にどの先生がその日に来ているかは分かるので、判定日の予約を取る時だけ、同じ先生を指名すれば良いのです。

判定日の予約は通常10日後〜2週間後なので、ある程度まだ空きがあって、好きな先生の予約を取ることもできます。
もちろんその日に先生がおられればの話ですが・・・。

で、もしその日が運悪く先生がお休みなら、前後にちょっと予約をずらしちゃえばいいんです。
判定日ぐらいは多少ずれてもいいですしね。


私はこの方法で、後半は同じ先生にずっと見てもらっていました。
やっぱり、自分に合った先生や話しやすい先生がいいし、いくら情報の共有が出来ていても、同じ先生の方が安心できますしね。

で、同じ先生にお願いしだすと、当然先生の方も覚えてくれるので、対応も良くなってきたように思います。(もともと悪いわけではないんだけど、機械的じゃなくなったっていうか、温かくなったっていうか・・・。)

なるべく担当制がいい方は、通いだした前半でいろんな先生を見て自分に合っていそうな先生を見極め、後半はなるべくその先生を指名するってのがいいのではと思います(^^)


IVFなんばの治療方針


まずは名前からしても分かるようにIVF(体外受精)がメインの不妊治療専門病院です。

でもタイミングや人工授精も普通にやっています。

私の場合は通いだしたのが36歳だったので、早めのステップアップを言われていましたが、そんなに体外受精をせかされることもなかったです。
(体外受精にステップアップするときは自分でお願いしたし。)

また、体外受精の中では、基本的には刺激周期が得意な病院かと思われます。

自然周期もやっていますが、体験談や口コミを探しても、自然周期で採卵をされた方はすごく少ないみたい。


それから胚盤胞の2個移植はなかなかやってもらえません。
妊娠確率が高いとの事で、私も何度か頼んだのですがダメでした。
(何人かの先生に言ってみたけどダメだったから病院の方針かも。)

とにかく多胎妊娠になりそうな事は、順番を踏まないと無理なようです。

最後の手段ってことかもしれません。

何度もいろんな方法で移植してみて、どうしてもダメならという感じかと思われます。
(分割期胚2個なら比較的簡単にやってくれたけど。)

あと、採卵や移植や注射などは日祝関係なくやってくれるので、一番良いタイミングでちゃんと治療が受けられます。

これも、病院によっては注射だけは対応してるけど採卵や移植は日祝には行っていない所も多いので、一番良いタイミングで治療が受けられるのは、やっぱり良いことだなあと思います。
(っていうか、移植とかタイミングが大事な治療が祝日とかに重なったら、他の病院はどうしてるのか逆に不思議・・・。)


それと、他ではやっていない高度な治療が行われていたりします。

私はやっていませんが、

未熟卵での体外受精

無精子症のMD-TESE

着床改善プログラム

不育症の検査と治療


などなど、高度医療は一通り揃っていて、これだけあれば不妊症の原因が何であれ、まあ何とかしてくれるのかなあ、という感じ。
(まあ、私みたいな結局原因不明では意味ないけど。)


と、いうことで、総合的にはお勧めの病院だと私は思います。
デメリットは金額の高さと、仕事しながらだと夜診がないし待ち時間も長いからちょっと通いにくいかなあとは思うけど、その辺りが大丈夫な人は、一度行ってみる価値はあると思います。

正直、私自身今回の採卵〜移植でダメなら、金銭的な面で転院も少し考えてたんだけど・・・(^^;)
でも、IVFなんばで子供を授かることができて、先生やスタッフの皆様に本当に感謝です。

----------------------------------------------------------------------------------------
大阪のそれ以外の不妊治療専門病院については大阪の不妊専門病院・クリニック選び(外部サイト)へ
| 不妊治療その他(大阪の不妊病院「IVFなんば」について) | 16:37 | - | - | pookmark |