不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
体外受精(顕微授精)の年齢別妊娠確率

大阪IVFなんばでの体外受精(顕微授精)年齢別妊娠確率


私が通っていたIVFなんばでの年齢別妊娠実績は、以下のようになっていました。

(胎嚢確認件数/胚移植件数)
〜29歳30歳〜34歳35歳〜39歳40歳〜
55%49.5%41.8%23.3%


HPから抜粋したものですが、「年齢別の妊娠実績」となっており、体外受精(顕微授精)とは書いていませんでしたが、確率が「胎嚢確認件数/胚移植件数」となっている
ので、多分体外受精や顕微授精後に胎嚢が確認できた割合だと思われます。

また「胎嚢確認件数」となっていますので、その後の流産等は含まれていないようです。
そのため、実際の出産件数となるともう少し確率は悪くなるはずです。


ちなみに、これ、「胎嚢確認件数/胚移植件数」となっているので、1度の胚移植で何%が胎嚢確認できたかってことですよね?
1人の人が何度か体外受精を繰り返して最終的に妊娠できたかどうか、ではないので、実際には1度の結果でダメでも、何度か体外受精や顕微授精を繰り返せば確率はもっと上がるってことだと思います。

それって結構希望が持てる数字ですよね?

あ〜・・・、でも移植が出来ない場合も多々あるので、移植が出来るところまで持って行けれれば、高い確率で妊娠出来るということでしょうか。

それにしても、やはり40歳以上になると、一気に妊娠確率が下がってしまうみたいです。
体外受精や顕微授精にステップアップするのであれば、やはり少しでも早い方がいいみたいですね。

ちなみに、このIVFなんばの妊娠確率は高い方だと思います。
関西の不妊治療ではかなりの有名病院(のはず)なので。
まあ、その分金額も高いですけどね・・・(^^;)


本当に大事なのは妊娠確率ではなく出生率(出産率)


こちらは九州の超有名病院、セントマザーの妊娠確率です。
細かく出してくれているのですごく参考になります。

IVFなんばとは確率の出し方が多少異なるので、そのまま比較は出来ませんが、こちらも高い確率ですね〜(^^)

ただ、気になるのが生産率
(生産率)=(出産数)/(移植数)
とあるので、これが実際に出産出来た確率です。
これを見ると妊娠確率からかなり下がっているのが分かります。

私たちは、長い不妊治療の末、いつの間にか妊娠すればそれで目標達成のような気がしてしまうけど、本当は無事に出産することが目的のはず。

でも年齢が上がるにつれて流産する確率が高くなり、40歳を超えるとだいたい半分が流産してしまう。

これってすごい確率ですよね?
ただでさえ妊娠確率が低く、やっとの思いで妊娠しても半分が流産だなんて・・・。

一番確立の高い凍結胚移植でさえ、生産率が11.5%。
つまりだいたい10人に1人、10回に1回やっと無事に出産出来るということです。

このデータを見ていると、大事なのは妊娠することではなく出産することなのだなあと再確認させられてしまいます。


あと、こんなデータもあります。
体外受精の年齢別累計出産率

海外(オーストラリア)での実績ですが、体外受精での出産率は40歳以降で22%
体外受精後のステップダウンも含めれば33%の人が出産出来ているようです。

「平均の治療周期数は3周期」となっているので、だいたい3回移植した40歳以降の人は、その後のステップダウンも含めれば3人に1人が出産出来たってことですね。

先ほどのセントマザーのデータは1度の移植あたりの確率でしたが、実際体外受精や顕微授精を行う人は1度で諦めず何度もやる人が多いと思うので、現実的にはこちらの数字の方が意味があるのかなあと思います。

40歳以上でも、3人に1人は出産出来る!
何だかちょっと希望の持てる数字ですよね(^^)

とはいうものの、やはり若い方が確率が高いのは明らかなので、もし迷っているのであれば、私は少しでも早いステップアップをお勧めします☆
| 体外受精・顕微授精(体外受精(顕微授精)の年齢別妊娠確率) | 10:17 | - | - | pookmark |