不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
4度目の移植:2段階移植→とうとう妊娠出来ました!

まずは3日目胚(8分割胚:G3a)の移植


今回は2段階移植のため、まずは採卵から3日目に8分割胚を移植しました。
グレードはG3a。
実は今まで分割胚は2度(計3つ)を移植しましたが、いつもG3bだったので、G3aは初めてのグレードでした。

でも19個採卵出来て、2番目に良い状態の卵(一番良いのは2段階の胚盤胞用にさらに培養)でG3aか・・・とちょっとがっかりして、移植前に胚培養士さんに聞いたところ、G1やG2はめったにないとのこと。

G3aなら十分良い胚ですよ、と言っていただきました。

8分割胚に今回もAHA(孵化補助術)をしてもらって移植。
私は毎回AHAが必要なようです。
年齢のせいか卵の殻が固いのでしょうか・・・(^^;)


ちなみに、この時点では

採卵:19個
成熟卵:15個
受精卵:13個
分割期杯13個


という状況でした。
うち1つを移植したので、残り12個。

今回は一気に全てを胚盤胞まで育て(1度目の採卵時は、初回だったこともあり何度かに分けて培養しました。)、その中で一番良い5日目胚盤胞を2日後に移植することになります。


5日目胚盤胞(BL-4)の移植


3日目胚移植の2日後、5日目胚盤胞を移植しました。
移植した胚盤胞のグレードはBL-4。
BL-5でほとんど孵化している状態のものもあったのですが、BL-4の方が状態が良いとの事でした。
この時点で凍結できる状態の胚盤胞は4つ(内1つを移植)、グレードはBL-3が1つ、BL-4が2つ、BL-5が1つでした。

この日も移植前にいろいろと胚培養士さんからお話を聞きましたが、実はこの時点で胚盤胞まで育っている卵は7つあったそうですが、胚盤胞に育ってもグレードが1や2のものは凍結できないそうです。

う〜ん、せっかく胚盤胞に育ったのにもったいないなあというのが正直な感想。
だって、ネットで口コミとか見ても、グレードが悪い卵でもちゃんと着床されている方もたくさんいますしね。

ただし、5日目でグレードが1や2でも、6日目に3以上のグレードになっていれば6日目胚盤胞として凍結できるそうです。(うちの病院の場合ですが。)
もちろん5日目に胚盤胞にまだ成長していない卵が6日目にグレード3以上になっても凍結されます。

でもやはり成長のスピードというのがとても大事で、6日目のグレード5よりは5日のグレード3の方が基本的には良いそうです。(その他の判断基準もあるので、例外あり。)
「受精卵のグレード&分割スピードと妊娠確率!」にも分割スピードについては書いています。)

ちなみに、私的には6日目に胚盤胞のグレード3以上になるものがあといくつか出来るかなと思っていたのです、後日分かった話で、6日目胚盤胞に育ったのは後1つだけだったそうです。
グレード3以上の胚盤胞に育つのはなかなか難しいんだなあと実感。

結局、前回は出来なかった2段階移植ですが、今回は無事に終わり、しかも8分割胚も5日目胚盤胞も今までで一番良いグレードのものを移植できました。
(以前の胚盤胞はBL-3)

移植後妊娠を確信→OHSSで入院


今回の採卵時、少しお腹が張っていたのですが、あまりひどくなかったようで移植時には既に楽になっていました。

ところが5日目胚盤胞移植後3日後ぐらいからでしょうか・・・。
だんだんお腹が苦しくなってきました。
この時点で妊娠したのでは!と期待しました。
というのも、OHSSは妊娠すると症状がひどくなるからです。
着床した時に出るHCGというホルモンに対して反応する為です。

ただし、着床していったんHCGは出たけれどもすぐに化学流産という可能性もあるので、しばらく様子見。
このままお腹が苦しいのが続いてほしいと思っていたら、どんどんひどくなり、判定日までは我慢しようと思っていたのですが、結局移植後5日目で病院に行きました。
まだ判定日よりも1週間も前でした(^^;)

この時点ではほぼ妊娠を確信してドキドキしながら病院へ。
といっても苦しくて歩けないぐらいでした。
お腹もパンパンでジーンズもボタンが閉まらない状態でした(笑)


病院で座って待つことも苦しくて、看護師さんにベッドを借りて診察まで寝ていました。
そして血液検査の結果が!
「おめでとうございます」の言葉に感動する暇もなく、「う〜ん、これはちょっとしんどいですね。今日からすぐに入院してもらいます」との言葉・・・。

「嬉しい」と同時に「えっ!!」というのが正直なところで、何だか喜ぶ暇もなかったです。

そして旦那に電話。
妊娠したことは直接話したかったので電話では話さずに、入院の荷物を持ってきてもらいました。
それなのに、私が話す前になんと看護師さんが「おめでとうございます!」と言ってしまい、旦那もびっくりして「えっ!」という状態でした。
何だか2人とも喜ぶまもなく、「急いでください!」と言われバタバタと提携先の病院へ。

さらに入院先の病院では、「移植後まだ早すぎてHCGが少ないので(33.5)、化学流産の可能性もまだ残っているし、子宮外妊娠等の可能性もありますから」と言われ、24時間点滴で長ければ2か月近く入院することもあるとか言われ、正直倒れそうになりました。

入院中は無事に妊娠が継続できるのか、ずっとドキドキしていましたが、結局3週間ちょっとで退院でき、現在(2月下旬)まで無事妊娠継続。
今ちょうど5か月に入ったところですが、やっと妊娠を実感でき、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。
| - | 19:01 | - | - | pookmark |