不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
2度目の採卵:アンタゴニスト法での採卵(顕微授精)

とうとう2度目の顕微授精


1度目の体外受精(顕微授精)で卵が結構採れていたので(採卵数22個)、てっきり1度の採卵で終わると思っていた体外受精、とうとう全ての卵を使い切ってしまい、2度目の採卵をすることになってしまいました。

正直、移植は金額的にも身体的にもそんなに辛くはないけれど、採卵になると話は別で結構覚悟がいります・・・。
何しろIVFなんばでは顕微授精の採卵〜移植で80万程度もかかってしまいますので・・・(^^;)
身体的にも結構排卵誘発剤に反応しやすいみたいで、前回の採卵時もOHSSになりかけしんどい思いをしたので、それも心配でした。
といってもここで諦めるわけにもいかないので、覚悟を決めて2度目の採卵に臨みました。

今回はアンタゴニストでの採卵


今回は先生と相談して、なるべくOHSSになりにくいようにとの事でアンタゴニスト法での採卵としました。
前回はロングだったのですが、ロングよりは卵の数は多少減るだろうけど質が良く、OHSSにもなりにくいと言われている誘発方法です。
(詳しくは「自分に合った誘発法で体外受精の成功率UP!」参照)

卵の数がどれほど減るのか多少不安もありましたが、私の場合は卵がたくさん採れても、胚盤胞が凍結に弱く、前回の採卵時もせっかく胚盤胞まで育った卵が2度も変性してしまい移植当日キャンセルとなってしまったので、少しぐらい卵が減っても質が良い卵が出来ればなあという思いもありました。

今回こそ、最後の採卵にしたいと思い、採卵までの1か月半ほどは、病院通いの他にも自分でいろいろと努力してみました。
(それについてはまた別記事で書きます。)

で、誘発が始まり、順調に卵は育ったくれたんだけど、やっぱり多少お腹が張ってしまい、採卵前々日の血液検査の結果によっては今回も移植は延期という話も出ましたが、何とかぎりぎりセーフ!

先生からもう1日採卵を後にすれば、卵の数は増えるだろうけど延期になる可能性も高い(OHSSで)し、どうしますか?みたいなお話があって、私の場合は凍結するのもちょっと怖かったし、1か月でも早く移植したかったので、予定通りの日程で採卵を行うことに決定!

ロングと比較すると、スプレキュア(点鼻薬)がないのが楽だったのと、注射に通う日数がちょっと短かったかな。
まあ、点鼻薬のかわりに注射の本数は増えたけど・・・。
注射の本数にもよると思うけど、私の場合は採卵までの費用は同じぐらいの感じでした。

採卵日当日、嬉しい誤算が・・・☆



さて採卵日当日、旦那と一緒に病院へ。
採卵はもちろん麻酔あり。
でもやっぱり痛かった・・・(泣)

完全に寝ちゃう人もいるらしいんだけど、私の場合は周りの声もぼんやり聞こえている状態で、頭がぐるぐる回っている感じ。

採卵中に「9個」っていう声が聞こえたような気がして、あ〜今回は9個の採卵なんだと思っていたら、終わってびっくり!!何と19個採れていました。

これは正直嬉しい誤算で、採卵の2日前ぐらいに10個未満みたいなことを言われていたので、やっぱりアンタゴだと結構少なくなるんだなあと思っていたんですが、まさか19個も採れるとは思っていませんでした(^^)

結局前回のロングが22個、今回のアンタゴニストで19個なので、私の場合はそれほど数は変わらなかったみたいです。

さて次はいよいよ2段階移植。
私の場合は顕微授精だし、基本的には受精していくつかが胚盤胞に育つところまでは前回の結果からも分かっていたので、19個も採れたということは、とりあえず1度目の2段階移植に使う3日目胚と5日目胚盤胞は多分育つだろうなあと一安心でした。
| - | 00:40 | - | - | pookmark |