不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
3度目の移植:凍結2日目胚を2個移植するが陰性

もともとは2段階移植の予定でしたが・・・


3度目の胚移植。
残りの卵は受精卵の状態のものが3つありました。

1回目の胚移植の時に分割胚でかすりもしなかったのが、2度目は胚盤胞移植で多少かすったのと、卵管が片方詰まっているので、本当かどうかはわからないけど卵管回帰説などもあるので、私としては胚盤胞移植希望でした。
(卵管回帰説については「卵管閉塞と体外受精(顕微授精)」を参照)

先生には、なるべく妊娠確率が高い移植法で行きたいと伝えて、その結果2段階移植にしましょうか・・・ということになりました。
(2段階移植については「胚盤胞移植より妊娠確率UPの2段階胚移植」を参照)

ただし、残っているのは3つ。
3つ育てても胚盤胞まで育つかどうかはわからないのに、2段階だと1つは2日目か3日目胚で移植するので、残りの2つのうち1つが胚盤胞まで育たなければ2段階移植は出来ないわけで、正直かなりの賭けです。

ただ、前回3つの受精卵を解凍して育てた結果、2個が胚盤胞になったという実績もあったので、一か八か2段階移植をすることにしました。

2段階移植の1個目は、スケジュールの都合上、2日目胚を移植することに決定。
私的には何となく3日目の方がいいのでは・・・なんて思っていたんだけど、先生に確認したら2日目でも3日目でも変わらないですよ、ということだったので、2日目胚と5日目胚盤胞(成長が遅ければ6日目胚盤胞)での2段階移植を行うことになりました。

移植当日残念なお知らせが・・・(泣)


さて、移植当日。
さっそく残念なお知らせを胚培養士さんから伝えられました。
3つ解凍した卵のうち、1つが変性してしまい使えなくなってしまったとのこと。

今まで胚盤胞はどうも凍結→融解に弱いというのはわかっていたのですが、受精卵は大丈夫だったので、まさか受精卵も成長が止まってしまうとは・・・。
かなりのショックでした。

残り2つのうち1つが2日目4分割、もう1つが2日目2分割の状態でした。

正直ここで1つを移植して残りの1つが果たして胚盤胞まで育つのだろうか・・・。
グレードもあまり良くないし(両方ともG3bでした。)胚盤胞にならなければ結果として2日目4分割1つだけの移植になってしまいます。
それなら2日目4分割を2つ移植した方が良いのでは・・・。
そんな話になりました。

結局、胚移植前に先生に来てもらい相談し、先生が「私なら2日目胚2つ移植にするかなあ」と言われたので、急きょ2段階から2日目胚2個移植に変更です。

私的にも、「外で胚盤胞に育つのならお腹に戻しても育つだろうし、妊娠するときは2日目だろうが胚盤胞だろうが妊娠するけど、しない時はどんな卵でもしないだろう」と半分やけで、2日目胚2個移植に決定(笑)

すぐに胚盤胞まで育てる予定だったもう一つの卵にもAHAをしてもらい、2個移植を行いました。
移植直前に2日目2分割だった卵も4分割まで分割し、結局2日目4分割でG3bの卵を2つ戻しました。


2日目4分割2個移植の結果は・・・



そもそも2段階移植の予定だったのが、予定通りにいかず2日目胚の2個移植になったため、多分無理だろうなあってなんとな〜く思っていたのですが、予定通りの撃沈です・・・。

今回は1週間後ぐらいにフライング判定を行い、真っ白。
その2日後ぐらいに念のためもう一度行い、またもや真っ白。
そこできっぱり諦め、次の採卵に向けて気持ちを切り替えるよう努力をしました。

何か、今回は涙も出ず・・・。
でも、卵なくなっちゃったよ〜。
22個も採卵出来て受精卵が12個だったのに、結局私の場合、胚盤胞が凍結に弱いということが今回の顕微授精で明らかとなり、たくさん卵があっても胚盤胞移植は2度もキャンセルとなり、結局3度しか移植が出来ませんでした。

こんな事もあるんだ〜・・・。
調べてもあんまりそんな人いなかったのに、まさか自分がそんなことになるとは、って感じでした(泣)

胚盤胞が凍結に弱いのに、どうも分割胚だとかすりもしないし、卵管も詰まっているので胚盤胞の方がいいような気がするし、いったいどうしたものかって感じです。

卵がたくさん採れた時には、まさか2度目の採卵を行うとは思ってなかったのに、とうとう次回は2度目の採卵です・・・。

まあ、妊娠できるまで頑張ろうと決めたんから何度でも頑張ろうと、決意を新たにした3度目の胚移植でした。
| - | 19:17 | - | - | pookmark |