不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
卵巣年齢がわかるAMH(坑ミュラー管ホルモン)

AMH(坑ミュラー管ホルモン)とは


知恵袋とかで不妊治療についていろいろ検索してると、よく「私のAMHで妊娠できるでしょうか?」とか「私の卵巣年齢40代みたいでショックを受けました」とかっていう質問を見つけ、読んでいるとどうやらこのAMHとかいう値、卵巣年齢が分かるらしいということが判明!!

このAMHは坑ミュラー管ホルモンといって、まだ新しい検査のようで、最近測定可能となり全世界で利用されるようになったホルモンとのこと。
卵巣が卵子を作る力が分かるみたいで、AMHが高いと卵巣内にこれから育つ卵胞がたくさんあるということみたいです。
逆にAMHが低いと、もう今後の卵胞の数があまりないので、無駄にせずに早めに人工授精や体外受精にステップアップする目安としたりするそうです。

「何それっ!!
じゃあ、私の卵巣年齢っていったいいくつ!?」

と今さらながら(既に顕微授精・胚移植経験済み)過去の検査結果をあさってみました(笑)

ホルモン検査の結果の紙を探し出し、ドキドキしながら値を見ると37.9。
で、いまいち良いのか悪いのかが分からなかったので基準値を探してきました!

AMH(坑ミュラー管ホルモン)の年齢別基準値


卵巣年齢AMH値
25〜30歳50pM
30〜35歳40
35〜40歳20
40〜45歳10
45〜50歳


なるほど、なるほど。
これによると、私は36歳なので基準値は20。
ということは、卵巣年齢が実年齢よりも多少若いということのようです。

AMH(坑ミュラー管ホルモン)が低くても大丈夫?


知恵袋などでみなさんの経験談を読んでいると、もちろんAMHが高いに越したことはないんだろうけど、低くても妊娠された方の書き込みをたくさん見ました。(AMH3以下ぐらいで妊娠されてる方もいくつも見ました!)

AMHっていうのはあくまでの発育能力のある卵胞の「数」をはかる目安なので、卵の受精率や分割にはあまり関係がないそうです。
つまり、数が少なくても質の良い卵が取れれば妊娠は出来るということですね^^
極端に言えば、質の良い精子と卵子が1つずつあれば、妊娠する確立はあるということです。

ただ、AMHが低い場合、治療のステップアップは早めに考えたほうが良いようです。
卵の数が少ないので、少しでも確立の高い人工授精や体外受精で卵を使ったほうが有効ということですね。

また、体外受精時の刺激周期についても、低刺激にしたり自然周期にしたりすることが多いようです。
このあたりは、病院や先生の考え方なのかもしれませんが、体験談等を読んだ限りでは、
「卵の残数的に、一度にたくさん卵を取るよりも、質の良い卵を少しずつ」という感じみたいでした。


参考までに、AMHの値が3.1で双子ちゃんを妊娠された方を発見しました!
診察*その2 【AMH検査結果】


AMH(坑ミュラー管ホルモン)が高い場合の注意点


AMHが高い場合、もちろん基本的には良いことのようですが、注意する点もあるみたいで、体外受精時などに排卵誘発剤などで刺激した際、卵がたくさん出来すぎてしまい、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)になる可能性があるそうです。
(OHSSとは卵巣が膨れ上がり、腹水や、ときに胸水などの症状が起こることをいいます。)

実は私、これは実際に経験しました。
採卵時に10日間ほど排卵誘発剤の注射に通った結果22個の採卵が出来ましたが、お腹がはれていて水が少したまっていたらしく、その周期の移植を見合わせました。
採卵前後2週間ぐらいは、ジーンズのボタンが閉まらず、歩くのもしんどかったです^^;

これがひどくなると入院とかってことになるらしいのですが、私の場合は軽かったので放っておいたら自然に治りましたが・・・。

今さらながら、「AMHが高い→卵が出来やすい→OHSSになりやすい。 ってことかあ、なるほどね。」
と納得です。

ちなみに、びっくりするぐらいAMHが高い方のブログを発見しました。
しかも私と同じ病院に通っているらしい!!
興味がある方は読んでみてください。
AMH値123??!


◆関連ページ ----------------------------------------------------------------------------------
FSH(卵胞刺激ホルモン)で閉経間近かどうかがわかる!
| 不妊治療の検査(卵巣年齢がわかるAMH) | 16:50 | - | - | pookmark |