不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
着床率を上げるために自分でできること(サプリメントや食べ物など)
前回、初めての分割胚移植が失敗に終わったため、早速着床率を上げる方法をいろいろ調べてみた。
分割胚移植だったので、着床率は30%ぐらいだし、着床しなくても仕方がなかったかもしれないけど、それでもやっぱり気になりますよね〜。

ということで、次回の胚移植に向けて、自分で出来る着床率をあげる方法を研究してみました^^

◆禁煙
実はこれは通っている病院で言われました。
現在5月ですが、実は私が禁煙したのは今年の1月初旬。
採卵の1ヶ月ほど前です^^;

タバコは良くないと思いつつ、なかなか止められずどうしたもんかと思っていたところ、体外受精に入る前にお医者さまから「まさかタバコなんて吸ってないですよね?」と聞かれ、一瞬「吸ってません」って言おうかなあと思ったけど正直に「はい、吸ってます」と言っちゃいました(笑)

すると先生がちょっと呆れた顔をして「うちでも禁煙外来やってますけど、行かれますか?その場合体外受精を少し延ばすことになりますが・・・。」と言われまして・・・。
なんかその呆れた言い方(当たり前か・・・)と体外受精を延ばすほど重要なことなんだ、ということににショックを受けまして、「イエ、自分ですぐにやめます!」と宣言して家に帰りました。

そして家にあった最後の1箱を吸って(それでもちゃんと最後の1本まで吸ったけど^^;)宣言どおり禁煙!

その時に説明では、禁煙をしていると着床に悪影響があって着床率が下がるのでやめてください、というような事を言われ、体外受精をしてもらえないほど禁煙って重要なのね、とやっと認識しました・・・。


◆葉酸サプリメント
これも私が通っている病院では先生から勧められました。
子宮の内膜を強化だけでなく、胎児の先天性異常を防いだり流産防止にも効果があるそうです。
なので、妊娠前から妊娠後も積極的に取りたい栄養素らしく、私は移植前の準備期間からもうずっと飲んでいます。(先生も当分ずっと飲み続けてくださいって言うし)
ちなみに葉酸は野菜や果物からも摂取できるのですが、なかなか食事から規定量を摂取するのは難しいらしく、サプリメントで取るのがお手軽&安心です^^
ちなみに、グレープフルーツが良いとされるのも、グレープフルーツ内に葉酸が多く含まれていることからみたいです。

◆ビタミンE
これは、うちの病院では普通に薬の1つとして処方されます。
血流を良くして子宮内膜の増殖・維持をするために飲むらしく、移植する周期の生理が始まったら妊娠判定まで毎日飲むように言われています。
体験談等を読んでいると、私が通っている病院と同様に、病院から処方される場合も結構あるみたいで、ってことはそれだけ大事なものなんだろうなあと思っています。

◆ノンカフェイン
カフェインが不妊によくないというのは良く聞く話ですが、実際、胚移植後の生活では「コーヒーはアメリカン1日1杯程度」と病院から指示されました。
ネットで調べてみると、カフェインの取りすぎで流産率が高まるという学説や、逆に男性にはコーヒーを飲むといいという説なども含めいろいろ出てきますが、やはり病院で言われたというころはあまり良くない、でも絶対ダメっていうレベルでもないのかなと個人的に解釈しています^^;
ちなみに、カフェインはコーヒーだけでなく緑茶や紅茶、そしてチョコレートにも含まれているので、合わせて気をつけたいところです。
チョコ大好きの私にはちょっとつらい・・・。

◆ルイボスティー
コーヒーや緑茶の代わりに不妊治療中の人が良く飲んでいるのがルイボスティーです。
ノンカフェインで、ルイボスティーに含まれるポリフェノールが活性酸素を除去し、卵子の老化を食い止めると言われています。
卵子の質が良ければ着床率も良くなると言われているので、なかなか着床しない人や卵子の質が悪い人、高齢の人などに向いているのかも。
ちなみにルイボスティーは不妊のためだけではなく、アレルギーの体質改善やアンチエイジングなどにも良いと言われているので、どうせ毎日何か飲むんだったらルイボスティーにしてみるのもいいかも!


あと、マカが良いとも聞きますが、マカは賛否両論みたいで、実際うちの病院でも胚移植をした時に薬剤師さんに確認したところ、マカは子宮の収縮を促したりすることがあるため、この時期は飲まないほうが良いと言われました。(胚移植後は子宮の収縮を抑えるような薬が病院から出されています。)
時期にもよるのかもしれませんので、また病院で薬剤師さんに聞いてみようとは思っていますが、少なくとも着床には効果的ではなさそうです。
(男性不妊には確かに効果があるようなので、私の残っているやつは旦那にあげようと思いました(笑))

その他にも、移植後は基本的に体を温めることが重要なので、体を温める食べ物や飲み物、サプリメントなどはいいようです。
(パイナップルが良いというのも良く見かけましたが、南国の食べ物なので体を冷やすなどの意見も多数あり、どうなのかなと。)


また、ストレスフリーで楽しく過ごすのが一番という意見も多数!
不妊治療が長くなってくればくるほど、移植後に気にせず楽しく過ごす事が難しいかと思いますが、自分もなるべくそう出来るよう気をつけたいなと思っています☆
| 体外受精・顕微授精(着床率を上げるために自分でできる事) | 15:56 | - | - | pookmark |