不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「こんなにかかる!?不妊治療費総額の現状」の記事一覧
まだ途中だけど私の場合の不妊治療費は・・・
私ももう既に結構かかっています・・・。まだ妊娠出来ていないのに・・・^^;
ネットで調べてみた不妊治療費総額の実情
不妊治療、こんなにみんな費用がかかってます(><)
| 不妊治療の基礎知識(こんなにかかる!?不妊治療費総額の現状) | 17:49 | - | - | pookmark |
こんなにかかる!?不妊治療費総額の現状

まだ途中だけど私の場合の不妊治療費は・・・


不妊治療の総額、いったいいくらかかるのか・・・。
これ、誰もが気になるところかと思います。

体外受精や顕微授精をやるかどうかで、金額は大きく変わってきます。
だって、人工授精だったら1回2万程度で出来る病院が多いのに、体外受精となると一気に金額が上がって30万〜50万もかかってしまいますから!!

ちなみに私の場合は、まだ治療途中なので総額は出ませんが、現時点では顕微授精を1回、凍結胚移植を1回、準備したけど出来なかった凍結胚移植が1回、もちろん検査も一通り全て受けて、既に100万近くつぎ込んでいます(泣)
まあ、うちの病院はかなり高いらしいというのが、通いだしてから分かったんだけど・・・。
ほんと、高いよ・・・・。

人工授精は3回ほど準備はしたけど結局1度もできなかったので、ほとんどお金はかかっていません。
とはいっても、もちろん薬代や診察代などは多少かかっているので、3回分で1〜2万ぐらいはかかったかもしれませんが・・・。

旦那の友人は250万ほどかけて、出来なくて諦めたそうです。

ということで、世の中の人たちは、いったい不妊治療にどのくらいかけているのだろうか、私も気になっていろいろと調べてみました。
データがいくつか出てきたので、紹介しますね。

ネットで調べてみた不妊治療費総額の実情


少し古いけど↓は2005年の日経新聞の内容。
総額の平均は約150万!!
うん、うん、既に100万だから確かに150万はいきそうだよね・・・(><)

不妊治療にかかる費用は平均で年間41万円に上ることが、不妊に悩む人たちを対象にした調査で明らかになった。
不妊治療の多くは保険が適用されない。
治療経験者の3割は高額な治療費を理由に治療を中断したり、治療回数を減らした経験を持っていることも分かった。
調査を行ったのは不妊治療を研究する白井千晶・早稲田大非常勤講師(生殖社会学)。
2003年1―2月にかけて、不妊に悩む人たちの団体「フィンレージの会」(東京都新宿区)などを通じ、不妊経験のある男女に調査票を配布。
集まった有効回答366件(うち男性は7人)を分析した。
回答者のうち2002年に何らかの不妊治療を受けた人の年間治療費総額の平均は41万円。
最高額は225万円だった。
また不妊治療開始以来の治療費総額の平均は約153万円。
最高額は1500万円だった。
[2005年4月5日/日本経済新聞 朝刊]


これは公式な記録ではなくて、ブログで不妊治療中の方がアンケートを呼びかけた結果。
「2009年の不妊治療費、いくらかかりましたか〜?」の問いに一番多いのは50万〜100万だけど、何よりアンケートのコメントに胸が痛くなった。
私たちはお金がないと子供も作れないのか・・・。
不妊治療いくらかかったアンケート結果


これもちょっと古い記事なんだけど、体外受精まで受けている人たちの総額は50万〜400万!
400万はうちは無理だな・・・。
体外受精費用で1千万円 患者に負担重く、借金も


とまあこんな感じで、不妊治療の費用は本当に高いです。
お金のことイライラしない為にも、100万〜150万ぐらいは用意して、治療に望んだほうがいいかもしれないですね。

あと、助成金等も各自治体であるのでそのあたりの活用はしないともったいないです。
それから、病院によってもかなり金額に違いが出るようなので、病院選びの際には、だいたい各病院から費用のことがサイトにのっていたりするので、そのあたりも参考にされると良いかと思います^^

| 不妊治療の基礎知識(こんなにかかる!?不妊治療費総額の現状) | 17:33 | - | - | pookmark |