不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「精液検査の基準値−不妊原因の4割が男性不妊!」の記事一覧
嫌がる男性も多いけどものすごく大事な精液検査
うちの旦那も連れて行くのに1年かかりました^^;でもすごく大事です!
精液検査(精液一般検査)で分かる項目とその基準値
精液検査の基準値です。病院によって多少違います。
精液検査の結果から診断される男性の不妊原因は・・・
精液検査から分かる男性の不妊原因です。うちの旦那、当てはまりすぎ・・・^^;
| 不妊治療の検査(精液検査の基準−不妊原因4割が男性に!) | 13:33 | - | - | pookmark |
精液検査の基準値−不妊原因の4割が男性不妊!

嫌がる男性も多いけどものすごく大事な精液検査


嫌がる男性も多いのがこの精液検査です。

うちの場合も旦那が嫌がって、精液検査に連れて行くのに1年かかりました。
多分、結果を知るのが怖かったんでしょうね・・・^^;

でも男性不妊は年々増加傾向にあるらしく、現在不妊に悩んでいる夫婦の約4割は男性不妊と言われています。

ちなみにうちは、「絶対旦那が問題だな。私ではないはず!!」と思っていたら、何と私にも旦那にも問題がありました・・・(泣)

とにかく、旦那が嫌がったって男性側が原因の可能性も半分近くあるわけだし、いくら女性だけが頑張っても男性側に問題があれば子供はできない訳で、精子の状態が分かれば治療方針も決まるわけだから、この検査は必ず必要です!
ちなみに、通常「精液検査」と言われているのは正確には「精液一般検査」というものらしく、精液一般検査しか行っていない病院や、「精子機能精密検査」も行っている病院などがあるみたいです。
私が通っている病院では両方行いましたが、ここでは「精液一般検査」についてまとめてみます。


精液検査(精液一般検査)で分かる項目とその基準値


(私が通っている病院の場合です)
検査項目基準値
精液量2ml以上
精子濃度7500万以上
運動精子濃度※1
運動率50%以上
奇形率35%未満
直進運動性※2
白血球数100万/ml以下

※1・・・運動精子濃度は精子濃度×運動率で求められます。基準値は書いていませんでしたがその計算でいくと3750万以上ぐらいとなるのでしょうか・・・?
※2・・・私が通っている病院ではAとかBとかCと表されるため、基準値は書いてありませんでした。調べても見ましたが、良く分からなかったので・・・^^;

項目は病院によって多少違うようです。
また、基準値もWHOの基準値をそのまま使っている病院と、病院独自のデータに基づいた値を使っている病院とあるみたいです。

精子濃度については、WHOの基準値は2000万以上となっているのですが、実際に、不妊治療専門病院等ではこれよりもかなり高い値を使っていることが多いみたいです。

私が通っている大阪の不妊治療専門病院も基準値は7500万以上なので、かなりハードルが高いですよね^^;
おかげでうちの旦那もWHO規定なら正常なんだけど、IVFなんば規定では「乏精子症」となっていました・・・。


この精液検査の結果から診断される男性の不妊原因は・・・


(私が通っている病院の場合)
◆精液減少症 →→→ 1回の精液量が2ml以下
◆乏精子症  →→→ 精液濃度が7500万以下(これうちの旦那)
◆精子無力症 →→→ 運動率が50%以下(これもうちの旦那・・・。)
◆奇形精子症 →→→ 奇形率が35%以上(さらにこれもうちの旦那・・・。)
◆膿精液症  →→→ 白血球が100万個以上
◆無精子症  →→→ 精液中に精子が全くいない

なんとうちの旦那は3つも引っかかっていました(^^;)
でも精子無力症は軽度、乏精子症は中等度となっていましたし、実はもっとひどいのを想像していたので(精子がなかったらどうしよう〜なんて考えてました(笑))、「ちょっと少ないけど精子ちゃんとあるんだ〜」と少し安心したぐらいです。
(この値も、私が通っている病院の場合なので、病院によって多少違います。)

ちなみに精液検査の結果はその時々によって値が変わってくるみたいなので、何度かやってみるといいかもしれません。

私の友人の旦那さんは、最初に検査した時は「顕微授精」クラスだったそうですが(その為か、人工授精も全て撃沈したみたいです。)、実際顕微授精する時の精子は、めちゃめちゃ元気が良かったらしく、お医者様が「今なら人口受精でもいけたかも!」って言われたそうです(笑)
もちろん顕微授精からいきなり人工授精には切り替えられないので、顕微授精を体外受精に変更したそうですが・・・。
この時の友人の旦那、実は別の病気で1週間程度入院してちょうど後だったらしく、十分な睡眠や規則正しい生活や仕事のストレスがなかったからか、ものすごく精子の元気が良くなったそうです。

◆関連ページ ----------------------------------------------------------------------------------
無精子症でも妊娠できる!TESEでの可能性


| 不妊治療の検査(精液検査の基準−不妊原因4割が男性に!) | 14:46 | - | - | pookmark |