不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「妊娠判定薬の種類と特徴」の記事一覧
ついついやってしまう妊娠検査薬でのフライング検査
みんなやっちゃいますよね、フライング検査(笑)。私もはまっています^^;
妊娠判定薬のしくみ
自宅で出来る妊娠判定薬も病院での血液検査もしくみは同じです!
妊娠判定薬の種類や長所と短所
妊娠判定薬なんてどれも同じと思ってました、不妊治療を始めるまでは・・・。でも実は結構違うんですよ!
| 不妊治療その他(妊娠判定薬の種類と特徴) | 15:36 | - | - | pookmark |
妊娠判定薬の種類と特徴

ついついやってしまう妊娠検査薬でのフライング検査


不妊治療をやっていたら誰もが必ず通るフライング検査・・・(笑)
私も先日とうとうやってしまいました^^;
そして困ったことにフライング検査の楽しさ(?)に目覚めてしまったようです。

1度目の移植時にはやらなかったのですが、病院での陰性結果はやはりショックなので、事前に調べて当日はなるべく病院でショックを受けないようにしようと思い、2度目の移植時はフライング検査を実行。

おかげで、陰性だったけど判定日当日は既に気持ちを切り替えて前向きに先生とお話しすることが出来ました。
(そのかわり、その前日はやっぱり落ち込んだけど・・・^^;)

フライング検査については賛成派と反対派がいるみたいだけど、陰性だった場合は病院ですぐに次の移植のスケジュールを立てたりしないといけないので、あまりショックを受けているとちゃんと考えられなかったり質問し忘れたりしてしまうし、私の場合はフライング検査した方が気分的にはいいようです。

そのかわり、フライング検査をしていた期間はやっぱり精神的には落ち着かなかったし、初めてのフライング検査だったので何かに憑りつかれたようにネットを調べまわりましたよ(笑)

その結果をまとめておきます。

妊娠判定薬のしくみ


まず、妊娠判定薬とは、尿の中のhCGというホルモンに反応して妊娠しているのかどうかを判定するようになっています。
判定日に病院で血液検査をする場合にも、このhCGの値を測定して妊娠の判定を行います。(病院によっては尿検査のところもあるようすが・・・。)

このHCGというホルモンは通常は体内にはないホルモンで、着床すると生成されだすので、HCGが検出された=着床した(着床しかけた)ということになるようです。

ただし、病院でhCGの注射を打っている場合は、注射のhCGが反応してしまい妊娠していないのに妊娠判定が陽性となってしまいますので要注意です。
人にもよるかと思いますが、だいたい1週間〜10日程度は注射の影響が出るみたいです。

hCG以外の注射(黄体ホルモンとか)や飲み薬の場合は大丈夫のようです。

どれぐらいのhCGに反応するかは妊娠判定薬によって違います。
少ないhCGにも反応する妊娠判定薬が感知が良いとか精度が良いということになります。

妊娠週とhCG分泌量の目安
2週0.2mIU/ml
3週20〜50mIU/ml
4週200mIU/ml
5週1000mIU/ml
6週1000〜6400mIU/ml
7週4000〜12800mIU/ml
8週4000〜256000mIU/ml
9週8000〜256000mIU/ml

フライング判定をするのがだいたい3週目ぐらいに当たると思いますので、通常薬局で買える検査薬(検出感度は50mlU/mLだけどもっと下まで感知してそう)でもある程度は検知できます。

また病院での妊娠判定が多分第4週に当たるかと思いますが、この時hMGが100以上あれば正常に妊娠していると判定されることが多いようです。

妊娠判定薬の種類や長所と短所



一般的な妊娠判定薬について皆さんの口コミや体験談をもとにまとめてみました。

================================================
チェックワンファスト
★チェックワンファスト(25mIU/ml)
メリット
・生理当日から判定できる
・ラインが赤で判りやすい
・結果が消えずに残るので比較しやすい

デメリット
・何しろ手に入りにくい
・調剤薬局でないと売っていない

ここで購入できます
================================================

好きな方が多いのがこのチェックワンファスト。
(チェックワンは何種類かありますが「チェックワンファスト」です。)
理由は、検出感度が25mIU/mlと低く、生理当日から判定できるからということのようです。
つまり早くからフライングできるってことです(笑)

それから、蒸発線があまり出ないのか、チェックワンファストは「騙された!」という体験者が少ないように思いました。

蒸発線とは、判定時間を過ぎてから出る線で、だいたい薄くてグレーだったりするみたいです。
ほんっと、紛らわしいですよね。
おかげで妊娠かと喜んだら実は違っていたなんて人も多いようです。

でもチェックワンファストの場合はどちらかと言うと逆みたいで、最初は陰性だったのにすご〜く時間がたってから見たら陽性になっていたというパターンが結構ありました。
ファストっていう名前のくせにhCGが少ない場合はどうも感知がのろのろとゆっくりなようです。
(って、フライングしてるからそんな事になるのですが・・・笑)

つまり、他の判定薬だとすぐに線が出ない場合は蒸発線の可能性があって、妊娠と思ったら陰性だったってことが結構あるのに対して、チェックワンファストは陰性と思ったら妊娠だったってことが結構あるので、そういう期待感もあって人気なんでしょうね^^

ただし、残念ながら現在普通のドラッグストアとかでは売っていなくて手に入れるのが困難です・・・。(薬事法とかの関係で数年前から売ってないらしい。)
調剤薬局であれば処方してくれるところが多いみたいなので、お近くの調剤薬局に問い合わせるか、以下のサイトでも会員登録すると購入できます。

三牧ファミリー薬局

================================================
クリアブルー
★クリアブルー(50mIU/ml)
メリット
・手に入れやすい
・安い
・反応が良い

デメリット
・ラインがブルーなので蒸発線なのか分かりにくい
・反応が消えるので比較しづらい

ここで購入できます================================================

このクリアブルーも使っている人は多いです。
多分、ドラッグストアとかどこでも手に入りやすいし、安いのが人気の秘密なのでは・・・。
実は私も最初に試したのがこのクリアブルー。
まだあまり妊娠判定薬について調べていなくて、ドラッグストアに行ったら一番安かったので(笑)
確か2本入りで700円とか800円とかだったような。

それと、非常に感知が良いみたいです。
チェックワンファストが生理予定日当日からに対して、クリアブルーは生理予定日1週間後から検査可能となっていますが、もしかしたらチェックワンファストよりも感度が良いのではってぐらい早くから反応が出る場合が多いみたいです。

ただし・・・、
蒸発線が比較的出やすいみたいで、10分以上経過してからの線は蒸発線を疑った方がいいようです。
それと、ラインがブルーなので蒸発線(グレーらしい)と見分けがつきにくいんですよね。
妊娠かと思ったら陰性だったってのはやっぱりショックですよね。
逆ならいいけど・・・。

それから、クリアブルーは記録が残せません
日にちがたつと黄色く変色してラインも消えたりするようです。
私が使ったのも黄色く汚くなってました^^;

だから後から比較したりするのには使えないし、ブログやWEBにアップしたり質問したりするのに後から写真を撮ろうと思ったら消えてたなんてことが発生してしまいます。
その為、クリアブルーの場合は後から見たいのであれば写真を撮っておくことをおすすめしますが、反応が薄い場合は写真にも写りません・・・^^;(←私もそうでした)


================================================
ドゥーテスト

★ドゥーテスト(50mIU/ml)
メリット
・手に入れやすい
・反応が良い

デメリット
・偽陽性の判定が出やすい?

ここで購入できます
================================================

私は結構気に入ったのがこのドゥーテスト。
これは、ラインが赤くてとても見やすいです。
さらに結果もきれいに残るので、比較もしやすいです。

うちの近所のドラッグストアではクリアブルーより少しだけ高かったけど、それでも結構お買い得な価格で売ってました。

ただ・・・、
ドゥーテストで陽性だったのにその後生理が来たって方が結構おられて、ちょっと偽陽性が出やすいという口コミや体験談が結構見られました。
本当に陽性の場合はドゥーテストではかなり濃い色の線が出るので、薄い線の場合は偽陽性だという意見も見ました。


偽陽性については、本当に偽陽性なのか化学的流産なのかが微妙なところだと私は思っています。
化学的流産というのは、着床はしたけれども何らかの原因で妊娠継続が出来なかったということで、だいたい普通と同じように生理が来るので、不妊治療でもしていない限り普通は気が付かないことが多いようです。

で、化学流産はいったん着床はしているので、当然hCGは分泌され、妊娠判定薬では陽性という結果が出てしまうことも当然あるのです。

クリアブルーの場合は薄いライン自体がブルーなので、薄いラインが出たけど結局生理が来てしまっても「あ〜、あれは蒸発線だったのね。」と思われることが多いようなのですが、ドゥーテストの場合はどうしても色が赤紫(薄い場合はピンク)なので、「陽性だったのに騙された!!」と思われてしまうのでは・・・。
だから、ドゥーテストで偽陽性が出やすいとされているのではと個人的には感じました。

| 不妊治療その他(妊娠判定薬の種類と特徴) | 14:33 | - | - | pookmark |