不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「旦那に精液検査を受けさせる方法」の記事一覧
うちも旦那の検査に1年かかりました・・・(^^;)
うちも時間はかかったけど、旦那の単純で嫌なことを後回しにする性格から、この方法でうまくいきました!
ネットで見つけた「旦那に精液検査を受けさせる方法!」
旦那が精液検査を嫌がる人って結構多くって、みんないろいろ試行錯誤してるみたいです(^^;)
| 不妊治療の検査(旦那に精液検査を受けさせる方法) | 11:58 | - | - | pookmark |
旦那に精液検査を受けさせる方法

うちも旦那の検査に1年かかりました・・・(^^;)


私が最初に不妊治療を考え出したのは34歳の途中ぐらいだったと思います。

実は当初、「きっと原因は旦那側にある」と思い込んでいたので(旦那が以前から自分でそう言っていたから。)、最初は軽く「検査受けてきてよ〜」という感じでした。

でも旦那は全く動く気配がないので、「一緒に行こうよ〜」に変えてみましたがやっぱり無理。

どんどん時間は過ぎていくので、これはまずいかもと思いだして、35歳の誕生日に旦那と「1年後にも出来てなかったら必ず一緒に行こうね。」と約束しました。

うちの場合、旦那が能天気なのと、嫌なことを後回しにする性格なもんで、多分「1年後なら先のことだし、うるさいからとりあえずOKしておこう」ぐらいの軽い気持ちだったのかもしれません(笑)

そして1年間ぐっと我慢。
途中途中で「1年たったら行く約束だからね!!」って釘をさすのは忘れずに。

で、1年後、私が36歳になった時に「約束の1年たったよ」と言うとさすがに観念したみたいで、一緒に病院に行ってくれました(笑)

その後は結構とんとん拍子に進みました。
最初に一緒に先生の話を聞いたのも良かったのかもしれません。


男性不妊は不妊原因の中でもかなり割合が多く、精子の検査ってとても重要なのに、旦那側って結構嫌がる人多いんですよね〜。
(こっちはこんなに努力してるのに!!)
(精液検査について詳しくは「精液検査の基準−不妊原因4割が男性に!」)


ネットで見ていても「旦那が協力してくれない」という書き込みを結構見かけます。
それがどれほど辛いか、私も1年我慢したので良く分かります。

なので、ネットで見つけた解決法や、私の体験を基にしてまとめておきます。


ネットで見つけた「旦那に精液検査を受けさせる方法!」



皆さんの体験談を見ていると、旦那様側の嫌がる理由として、主に2つあるような気がします。

1.とにかく恥ずかしい(または屈辱だ)から嫌だ

2.自分に原因が見つかるかもしれないのが怖い



1の場合・・・

・自宅で精液を採取して持っていけることを伝える。

・病院は最近男性も多いことを話す。

・みんなやっている当たり前の検査であることを強調する。

・産婦人科が嫌なら泌尿器科で検査できる事を伝える。


これらはどれもネットで見つけた成功体験です。

男性側は意外と知らずに嫌がっている場合も多く、実情を伝えることで「あ、何だそれでいいんだ!」と思うことも少なくないようです。

特に自宅で採精出来ることを知ったらOKしてくれる人も多いみたいですよ!


2の場合・・・

・男性側に多少問題があっても、今はいろいろと解決法があり、100%子供が出来ないことなんてほぼないことを伝える。

・「私は子供が欲しいのに自分には今のところ原因は見つからないからあなたも検査に行ってみて」ではなく「2人の子供がどうしても欲しいから、二人で原因を見つけて二人で頑張っていこう」ということを伝える。

・男性不妊の現状(乏精子症とか奇形率が高いとかって、程度に違いはあれ結構多いですよね。)を伝える。



うちの場合は多分こちらでした。
旦那は昔(といっても成人してから)おたふく風邪にかかったことがあり、何日も高熱を出して入院したことがあったらしく、自分には精子がないと思っていたようです。

結果的に、うちは1年待つことで何とか行ってもらいましたが、今考えてみるともっと早く旦那に行ってもらうことが出来たかなあと思います。

本当は怖がっていた旦那に
「大丈夫だよ、今の医学では少々精子に問題があったって、子供が出来ないなんてことはないから。
もし問題があったって、一緒に頑張るから。
私はどうしても二人の子供が欲しいから。」

そう言えば良かったんだなあって・・・。

実際、精液検査を受けた後、多少の問題は発覚したけど、子供が出来ないほどではない(結局顕微授精にはなったけど)と分かった旦那は、それ以降すごく協力的で、2回の顕微授精の採精も全く嫌がらずに行ってくれました。


ちなみに、ご主人がどちらのタイプにしても大切なことは

・とにかく2人でちゃんと話をすること

・相手をせめないこと

・数字を使って説明する事



この辺りが、みなさんがやってみて効果があったことのようです。

当たり前のことだけど、意外と出来てないことってありますよね。
私も不妊治療をする前に、きちんと話ってしたかなあって思い返すとあまり記憶にないんですよね〜・・・。

それと、男性は女性と違って数字を使って説明した方が納得してくれるみたいです。
(女性は感情に訴えた方が効果的ですけどね。)
例えば男性不妊の割合がどれぐらいなのか、35歳すぎたら自然妊娠の可能性が何%なのか、不妊治療をして生まれてくる子供は何人に1人いるのかなど・・・。


そして、それでもダメな場合はフーナーテストで様子を見てみるという手もあります。
これも結構みなさんされてる方法みたいです。

フーナーテストで問題がなければとりあえずは一安心ですからね。
(フーナーテストで問題があったからといって、精液検査でも問題があるとは限りません。)

それに、フーナーテストであれば、うまく誘導すれば旦那にばれずに受けることが出来ますからね(笑)


どちらにしても、不妊治療は2人でするものです。
女性側だけが頑張れば出来るわけではなく、男性の協力が絶対的に必要です。

不妊治療を始めることをきっかけに、お互いの思っていることをちゃんと話し合えれば、逆に夫婦の絆が強まることもあるのでは。

そんな夫婦もたくさんおられるみたいだし、実際うちのところも不妊治療を始めてから2人で話をすることが増えた気がします。
| 不妊治療の検査(旦那に精液検査を受けさせる方法) | 10:05 | - | - | pookmark |