不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「不妊の為の体質改善◆ΑΑ鍼治療」の記事一覧
不妊治療に特化した鍼灸院の探し方
せっかく行くのであれば、やはり不妊治療に詳しい鍼灸院を探して行くのがいいと思います!もちろん体調を整えるという意味では、普通の鍼灸院でも効果はあるみたいですが。
1件目の鍼治療は痛かった・・・!!
鍼治療ってやっぱり痛い!?多分人によると思うんだけど、実は私はすっごく痛みに弱いんです・・・(^^;)
2件目:三ツ川鍼灸整骨院
2件目で続けて通おうと思える鍼灸院に出会えたのですが・・・、事情があって結局2回しか通えず・・・(ToT)
鍼治療に通う頻度と効果
鍼治療は出来れば採卵の3か月ぐらい前(体外受精であれば)から通うのがいいみたい。もちろんもっと短くても通わないよりは全然良いと思います(^^)
自分に合った鍼灸院を見つけること
これ、すごく大事だと実感しました。やっぱり通うことがストレスになるようでは良い効果が出ないような気がするので・・・。
| 不妊治療その他(不妊の為の体質改善◆ΑΑ鍼治療) | 13:14 | - | - | pookmark |
不妊の為の体質改善◆ΑΑ鍼治療

不妊治療に特化した鍼灸院の探し方


どうせなら出来ることは全てやろうと考えた私が、ウォーキングの次に始めたのが鍼治療でした。
(ウォーキングについては「不妊の為の体質改善 ΑΑΕΕーキング」を参照)

以前から東洋医学にも興味があり、不妊治療の為ではないのですが漢方なども効果を感じたことがあったので、鍼治療自体にはあまり抵抗はなかったのですが、ただでさえ体外受精にお金がかかるので、金銭面はやはりちょっと躊躇していました。

でも、この際そんなことは言ってられない、出来ることを全てやって早く妊娠出来た方が結果的にはお金も安く済むはず!と自分に言い聞かせ、鍼治療をすることを決意しました。

口コミや体験談を見ても、不妊治療や体外受精と鍼治療を併用されている方も多く、もちろん合わなかった方もおられますが、良い効果をあげている方もたくさんおられました。
そこで、まずは大阪で不妊鍼をしているところを探しました。

普通の鍼灸院でも、冷えを改善させたり身体の調子を整えたり、不妊にも効果があるようでしたが、どうせ行くのであれば不妊治療に特化した鍼治療を探そうと思い、まずはネットで検索。

「大阪 不妊 鍼」などで、不妊鍼を専門としている鍼灸院を探し、それぞれのHPを見て、不妊治療についてのコラムや見解などを見たり、場所や金額などのチェックをしました。

また、ジネコなどで口コミもチェックしました。

そのうち、寺子屋お産塾というHPを発見!

どうも、不妊治療を行っている人の間では、密かに評判が良い様子。

調べてみると京都の「一橋アシラム」という治療院(不妊治療で結構有名らしい)が中心となって作っているHPで、西洋医学だけに頼るのではなく、体全体を整えて妊娠を目指そうというものみたい。

このHPでは、寺子屋お産塾の考え方に賛同している鍼灸院が、関西を中心にいくつも紹介されているので、一度参考にしてみたらいいかもしれません。


1件目の鍼治療は痛かった・・・!!


と、寺子屋お産塾について書きましたが、実際私が最初に行った鍼灸院は別のところでした(^^;)

場所や通いやすさを考えて、口コミでも評判が良かったところを選んだのですが・・・。
結果的に私にはちょっと合いませんでした。
というか、痛かった!!

多分・・・、私が痛みに弱いせいだと思うのですが(歯医者とかもめちゃめちゃ嫌いだし)、正直リラックスできるというものではありませんでした。

先生に「痛い!」って言っても「○○さんは痛みに弱いんですね〜」で終わってしまうし、サプリメントを買わされるし、私が通っているIVFなんばについてもあまり肯定的ではないようだったので、ちょっと併用は難しいかなあと思い3回通って断念しました(^^;)

不妊治療についても良く勉強されていて、悪い先生ではなかったのですが・・・。
ちょっと私の性格や治療方針に合わなかったかなあ。

と、こんなことを書いてしまったので、どこの治療院かは書けませんが(笑)


2件目:三ツ川鍼灸整骨院


そして2件目で「寺子屋お産塾」で紹介されていた三ツ川鍼灸整骨院に行ってみました。

実は、家からちょっと通いにくい場所にあるので、1件目は別のところにしたのですが、1件目を断念した後に「自分に合った鍼灸院もあるかもしれない。1件だけで判断するのはやめよう。」と思い、すぐに三ツ川鍼灸整骨院に通い始めました。

ここが良かったのは、まず痛くない!!ということ。

先生に「大丈夫ですよ〜」と事前に言われても正直疑っていましたが(笑)、本当に痛くなかったです。
どうも、鍼治療にもいろいろ流派等があるらしく、鍼の太さや刺す深さがかなり違うみたいです。

痛みに弱い私が、いつ刺されたのか分からない時もあったので、本当に痛くなかったと思います。
先生も感じの良い方で、不妊治療についてもいろいろ勉強されていましたし、何より私の希望に合わせて治療をしてもらえそうな感じで、三ツ川鍼灸整骨院に通おうと決めたのですが・・・。

結果、2回通って断念・・・。

というのも、どうも私、鍼治療自体が合わなかったのか、鍼治療をした日の夜からきまって首から肩にかけて筋肉痛のようになってしまい、首が回らなくなることに気が付いたからです。

実は1件目の時から同じ症状は出ていて、おかしいなと思ってはいたのですが、最初は身体がだるくなることもあるっていうし、好転反応?とか最初だけ?と思いなるべく気にしないようにしていました。

でも何度通っても同じ症状が出るし、こんなに身体が痛いのは普段の生活でもちょっと辛いなあと思い、先生に訳を話し、少しお休みしてみることにしました。

結果、その間に妊娠できたので、鍼治療が自分にとってマイナスだったとは思っていません。
表面的には痛みとなって出てきていたけど、もしかしたら身体の内部では何かが良くなっていっていたのかも、と勝手に思っています(笑)

だから2人目の不妊治療をすることになったらまた通ってみようかなあと考え中。

と、いうことで、私の鍼治療歴はたったの5回で終わってしまいました(^^;)


鍼治療に通う頻度と効果


さて、鍼治療に通う頻度ですが、基本的には週1回〜2回通うことが多いようです。

私は採卵の1か月ちょっと前から通いだしたので、ちょっと期間が短すぎたこともあり、週2回ぐらい行った時もありましたが、多分通常は週1回ぐらいでいいみたいです。

また、私は採卵の前に諦めてしまいましたが、鍼治療を移植前後に通うことで着床率があがるというデータもあるようです。

これは、アメリカの不妊治療での結果らしいのですが、移植前後に鍼治療を行うと、行わなかったグループの妊娠率が26%だったのに対し、行ったグループが42%だったとか。

子宮の血流を増やして子宮内膜を厚くし、着床率を上げるということのようなので、良い卵が出来るけど移植してもなかなか着床しないという方にはおすすめなのではと思います。

また、基本的には体外受精の3ヶ月ぐらい前から通った方がよいみたいですが、この辺りも人によるので正直やってみないと分からないかなあという感じです。

合う人であれば、治療1回目から「体がぽかぽかした」とかの効果を感じる人もいるみたいです。

他にも私が調べた限りでは、高温期の体温が上がったとか、生理周期が安定したとか、冷え性が治ったなどの効果が多かったですね。

ちなみに、胚移植直後の鍼治療が不妊に効果があるとかっていうのは、やっぱり不妊治療に特化した鍼灸院でないと分からないことだと思うので、やっぱりどうせ通うのなら(通える範囲ににあればですが)不妊治療に詳しい鍼灸院がいいかと思います。


自分に合った鍼灸院を見つけること


私は、自分がストレスなく通える鍼灸院を見つけることが1番だと思います。

不妊治療はそれ自体、非常にストレスになります。
ストレスは不妊治療に良くないと言われていますし、さらに鍼治療でストレスをかけてしまうと意味がないと思います。

例えば、痛いけど我慢して通っていたり、先生と合わなくて気が重かったりするのであれば、違う鍼灸院を探すべきだと思います。

今回2件通ってみて、鍼灸院と一言でいっても、鍼の痛さや先生の考え方にも大きな違いがあることが分かりました。
だったら、自分に合った鍼灸院があるはずです。
(まあ、私のように鍼治療自体が体に合わないっていう場合もあるかと思いますが(笑))

また、口コミでも「1年通っているけど続けるべきか」とか「止め時が分からない」という書き込みを見るのですが、「半年ぐらい全く効果がなければあまり意味がないかも」という先生の意見をどこかで見ました。
もちろん、鍼治療を初めて半年で妊娠出来なくても、何らかの改善(冷え性が治ったとか生理周期が整ったとか)が見られるのであればもっと長く通っても良いかもしれませんが、やはりそれでも1年ぐらいが限度かなあと私は思います。
(あ、もちろんこれは西洋医学の補助として鍼治療を行っている場合ですが・・・。)

やっぱりそれ以上になると、みんな金銭面の不安や「本当に効果があるのだろうか」と不安になってくるので、不安に思いながら通うぐらいなら、他の方法を試してみた方が良いのかなあと思います。
(病は気からとか言うし、疑いながら通うのではやっぱり効果が半減するような気がします。)

どんなに良い治療法(西洋医学でも東洋医学でも)でも、やっぱり合う人と合わない人がいるので、どんな治療法を選択していつまで続けるのかっていうのは難しいですよね。

それでも、何もやらなければ何も変わらないので、迷っているのであれば鍼治療も併用してみるのは良いかと思います。

私は、妊娠できた周期で鍼治療以外にもいろいろやっていたので、果たして鍼治療の効果があったかどうかは分かりませんが(しかも5回しか通ってないし・・・)、逆に考えると5回しか通っていないのにその周期に妊娠できたという事実や、実際に多くの方が効果を感じているという体験談を見ても、鍼治療に不妊治療を助ける効果は少なからずあるのではと思っています。

◆関連ページ --------------------------------------------------------------------------
不妊の為の体質改善 ΑΑΕΕーキング

| 不妊治療その他(不妊の為の体質改善◆ΑΑ鍼治療) | 13:08 | - | - | pookmark |