不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と人工授精(AIH)
PCOSとAIHの問題点・・・卵が育たなくて何も出来ない可能性
PCOSで人工授精ももちろん可能だけれども、いくつか問題点があるようです。
PCOSとAIHの問題点・・・卵が育ちすぎて何も出来ない可能性
人工授精の場合は卵が育ちすぎても多胎の問題が発生してしまいます。PCOSの方はその調整が難しいようです。
| 人工授精(AIH)(多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と人工授精) | 14:42 | - | - | pookmark |
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と人工授精(AIH)

PCOSとAIHの問題点・・・卵が育たなくて何も出来ない可能性


PCOSの方で人工授精で妊娠されている方もたくさんおられるようですが、PCOSで人工授精を行う場合、いくつか問題点があるようです。

まずPCOSの方の場合は、排卵さえすれば妊娠できるとまで言われているほど排卵がポイントなのですが、その排卵のコントロールが難しいようです。

そもそもPCOSの方の症状としては排卵がしにくい為、基本的には排卵誘発剤を使うのですが、どの排卵誘発剤が合うのかは人それぞれ違うみたいで、やってみないと分からないってのが実情のようです。

通常はクロミッドなどの弱い誘発剤から始めることが多いようですが、その場合薬が弱くて卵胞が大きくならず、その周期は人工授精が出来なかったりすることもあります。
また、最初はクロミッドが効いていても、だんだん効かなくなってきたり、強い誘発剤を使っていてもうまく排卵出来なくてリセットなんてこともあります。

何も出来ずリセットってのはきついんですよね。
私も人工授精の時に何度も経験しました。
PCOSではないのですが、片側卵管閉塞で、なのにいつもその詰まっている方から卵が育ってしまいリセット・・・。それが3回連続続き、そもそも年齢のこともあるから焦っているのに何にも出来ないってどういうこと〜!!ってめっちゃ落ち込みました。

PCOSとAIHの問題点・・・卵が育ちすぎて何も出来ない可能性


じゃあ排卵するように強い誘発剤(HMGとかFSHの注射など)を最初から打てば・・・と思うかもしれませんが、強すぎるとそれはそれでまた問題が発生します。

PCOSの方はそもそも卵がたくさん育ってしまうので、強い誘発をすると卵がたくさん大きくなりやすいのです。
排卵しそうな卵が複数ある場合、人工授精では多胎の可能性が高いと言われ人工授精を見合わせることになります。
病院やお医者様の方針にもよるのかも知れませんが、人工授精の場合は3つまでならOKだけど4つ以上だと見送ってリセットってことが多いみたいです。
(タイミングであれば4つでもOKだったりするみたいです。また病院や先生によっては、人工授精でも患者に判断を任せるところもあるみたいです。)

PCOSの方は排卵誘発が強すぎるとすぐに卵がたくさん育ってしまうので、多すぎてリセットということも多いみたいです。

不妊で長く悩んでいる人の中には双子でも三つ子でもとにかく子供が欲しいと考えている方も結構おられるみたいですが(私も双子でもいいなあなんてちょっと思っていますが)、実際に多胎はそんな簡単な問題ではなく、多胎で妊娠してしまったために辛い決断をされた方もおられました。

重い内容ですがちょっと考えさせられたページがあったのでリンクしておきます。
どう考えるかは人それぞれだとは思いますが、多胎のリスクはちゃんと認識しておかないといけないなあと私自身も考え直しました。
多胎で減胎手術の体験談など


このように、PCOSの方は排卵誘発剤が弱すぎても卵が育たずリセット、強すぎても今度は多胎リスクでリセットってなる可能性が結構あるみたいです。
そもそもの人工授精の妊娠確率さえ高くはない(病院によっても違うけど10%〜15%ぐらい)うえに、その人工授精さえ行えないことも多いため、精神的につらい思いをしている方もたくさんおられるみたいです。

その場合は、やはり体外受精を検討ということになってくるのですが、体外受精は費用も高いし「人工授精さえ出来れば妊娠できるかも」「6回ぐらいはやってみたい」という思いでなかなか体外に踏み切れない人も多ようです。

私の場合は人工授精をやろうとして3回とも出来なくて、治療が進まないことにイライラしてしまい、結局人工受精を実行することなく体外受精(結果的に顕微授精になったけど)に進みました。
まだ結果が出ていないので何とも言えませんが、何もできないストレスは随分減ったので(体外でも胚移植の当日キャンセルを経験したけど・・・泣)、今は前を向いて進んでいけています。
| 人工授精(AIH)(多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と人工授精) | 20:07 | - | - | pookmark |