不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「自然周期採卵と刺激周期採卵の違い」の記事一覧
自然周期での採卵と刺激周期での採卵について
体外受精での採卵は、大きく分けると自然周期と刺激周期に分かれます。さらに自然周期と刺激周期にもいろいろ種類があるので、自分に合った採卵法を見つけることがとても大事です。
自然周期と刺激周期のメリット・デメリット
自然周期と刺激周期の採卵にはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いというわけではありません。病院によっても得意不得意があります。
低刺激周期での採卵について
自然周期の中の低刺激周期についてもう少し詳しく調べてみました。自然周期の中では私的には低刺激の方がいいかなあ・・・と思いました☆
| 体外受精・顕微授精(自然周期採卵と刺激周期採卵の違い) | 20:19 | - | - | pookmark |
自然周期採卵と刺激周期採卵の違い

自然周期での採卵と刺激周期での採卵について


体外受精(または顕微授精)の採卵時に、排卵誘発剤などの薬を使って卵をたくさん育てたり排卵をコントロールするのが刺激周期での採卵、薬をほとんど使わず自然の周期で卵を1つ〜複数個採卵するのが自然周期の採卵です。

さらに自然周期には全く薬を使用せず自然の状態で採卵する「完全自然周期採卵」と、多少の薬を使用する「低刺激周期採卵」の2種類があるので、体験談等を見ていると少し紛らわしかったりもします。
(個人的には低刺激は刺激周期に分類すれば良いのに、と思うんだけど(笑))

刺激周期にもいろいろと種類があり、「ロング法」「ショート法」「アンタゴニスト法」などが一般的です。
(刺激周期の種類については「自分に合った誘発法で体外受精の成功率UP!」)

採卵時は、その人の状態や今までの結果などによって、刺激周期と自然周期のどちらが合うのかを選択していくんだけれど、病院によっても刺激周期がメインの病院と自然周期がメインの病院があるので、片方しかやっていない病院で結果が出ない場合は、転院等も必要になったりするみたいです。

自然周期と刺激周期のどちらが合うかというのは、正直やってみないと分からないようで、それぞれにメリットやデメリットもあり、合う人合わない人がいるので、どちらが良いとは一概には言えないみたいです。

逆に言うと、1つの方法でどうしてもうまくいかない人でも、違う方法を試したらすんなり妊娠したという体験談もたくさんありますので、諦めずにチャレンジしてみて下さい。

自然周期と刺激周期のメリット・デメリット



自然周期採卵のメリット
・体に負担が少ない
・1回の採卵にかかる費用は少ない
・毎月チャレンジできる
・卵の質が良いかも

自然周期採卵のデメリット
・1度に採れる卵の数が少ない
・何度も採卵しないといけない可能性が高い
・採卵しても移植できないことがあったりして結構へこむ
・採卵前に排卵してしまう可能性もあり


採れる卵の数は、完全自然周期だと基本的には1個。
低刺激周期だと1個〜5個ぐらい採れる方が多いようです。

採れる数が少ないので、どうしても空砲だったり受精しなかったりで移植が出来ないリスクは結構高いようです
また、排卵コントロールを行わないため、どうしても当日排卵済みで採卵自体がキャンセルになることも少なくないようです

逆に卵が採れる数が少ない分、質が良いとされています。
刺激周期で胚盤胞までどうしても育たない・・・という人は試してみる価値があるかもしれません。


1度の採卵にかかる費用としては注射等の薬が少ないため刺激周期よりは安いですが、自然周期でなかなか妊娠できずに何度も採卵を繰り返す場合は結局高くついたりすることもあるようです。


刺激周期採卵のメリット
・1度に採れる卵の数が多い
・採卵の回数が少なくてすむ

刺激周期採卵のデメリット
・1回の費用が高い
・卵巣への負担が大きい
・お休み周期が結構ある可能性が高い
・卵はたくさん採れる分質が良くないかも

刺激周期の場合は、1度に採れる卵の数が多いのが最大のメリットです。
たくさん卵が採れれば、あとは移植を繰り返すだけなので精神的にも楽ですし、うまくいけば1度の採卵で2人目3人目の妊娠まで出来ちゃったりします。

実際私の友人も1度の採卵でたくさん卵が採れ、今2人目の妊娠をしています。

ただ、逆に刺激周期を行っても卵が採れる数が少ない場合はかなりつらいです。
お金もたくさんかかり、体もつらい思いをして、卵巣にも負担をかけたにも関わらず卵が1つしか採れなかったり受精しなかったりで、結局移植できなかったなどの体験談も見ますが、精神的にかなりショックだっただろうなあと思います。

また、続けての採卵は身体に負担がかかったり、誘発剤をたくさん使用することによってOHSSになって採卵周期には移植できなかったりで、お休み期間を設けなければならないこともあります。

実際私も1月に準備をして2月に採卵、卵巣が腫れて最初の移植は4月(結局融解後変性卵になってしまい移植も出来なかったんだけど)と、採卵から最初の移植予定まで4か月かかりました。

もちろん、人によっては刺激周期でもOHSSにもならず採卵周期にスムーズに移植が出来たりするので、一概には言えません。
逆に自然周期でも排卵済みだったり受精しなかったり、調整周期が入ったりとかなり時間がかかる人もいるみたいなので、結局はその人に合うか合わないか、ということでしょうか・・・。

合う合わないは、やってみなくては分かりませんが、刺激周期でも卵があまり採れない人は自然周期でやってみるといいかもしれません。
どうせ刺激周期でも1個とかなら、費用も安く身体にも負担が少なく、もしかしたら質もよくなるかもしれない自然周期の方がいいですもんね。
実際そんな体験談もたくさん目にしました。

逆に多嚢胞卵巣症候群(PCOS)の方は自然周期ではうまくいかないケースが多いようです。というのも、PCOSの方はそもそもうまく排卵が出来ていないことが多いので、自然に任せてしまうと卵が育たない方が多いからのようです。

低刺激周期での採卵について


低刺激周期は自然周期の1つで、基本的にはクロミッドやフェマーラを使用して弱い誘発を行って採卵をする方法です。(排卵誘発剤の注射も多少プラスして使用することも・・・。)
クロミッド周期(クロミフェン周期)とかフェマーラ周期と呼ばれることもあるようです。
(病院によってはマイルド法とか呼ばれることもあるみたいです。)

通常はクロミッドを使用する場合が多いようですが、クロミッドには内膜を薄くするという副作用があるため、クロミッドを使った場合は人によっては採卵周期に移植が出来ないこともあるようです。
また、クロミッドは耐性がつくので、何度も使っていると効かなくなったりもするようです。

フェマーラの場合は内膜が薄くなるという副作用はないようですが、出来る卵は1個〜3個程度とクロミッドよりも少なく、その分質が良いとも言われています。
クロミッドが効かない場合などはフェマーラでの誘発が使われるようです。
(PCOSの方はクロミッドが効かないことが多いようです。)

もちろんフェマーラにも合う合わないがあるようで、フェマーラを使っても卵胞が育たなかったりする人もいるようです。

誘発の強さで行くと
完全自然周期 → フェマーラ周期 → クロミッド周期
という感じでしょうか?
(もちろん、刺激周期はクロミッド周期よりももっと誘発は強いです。)

私的には、完全自然周期だとさすがに採卵できる卵の数が少なすぎてちょっと不安かなあと思うので、やるなら低刺激周期かなと思いますが、人によって薬の合う合わないとか、なるべく薬を使いたくないとか、質の良い卵を作りたいとか、身体に負担をかけずに毎月採卵→移植したいと等の理由で、低刺激周期よりも完全自然周期の採卵を選ぶ人もいるようです。

採卵1つとっても方法はこんなにたくさんあるので、なかなか結果が出なくても諦めずに自分に合った方法を探してみて下さいね。


◆ 関連ページ ----------------------------------------------------------------------------------
自分に合った誘発法で体外受精の成功率UP!」
| 体外受精・顕微授精(自然周期採卵と刺激周期採卵の違い) | 20:13 | - | - | pookmark |