不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「正しいフライング検査の方法」の記事一覧
フライング可能なのはいつからか?
そもそもフライング検査は正しい方法ではないのですが、それでもフライング検査が可能になる時期が一応あるんです!
化学流産や偽陽性と本当に妊娠した場合の違い
偽陽性や蒸発線、化学流産など、フライング検査にはいろいろと紛らわしいラインがたくさんありますが、本当に妊娠した場合との違いは、単純だけどこれが一番分かりやすいのでは・・・。
| 不妊治療その他(正しいフライング検査の方法) | 16:36 | - | - | pookmark |
正しいフライング検査の方法

フライング可能なのはいつからか?


まず最初に・・・。
「正しい」と書いてありますが、私が勝手に考えた「正しい」フライング検査の方法です(笑)
お医者様に言われたわけでも何でもありませんので、本当に正しいかどうかも分かりません・・・^^;
そもそもが「フライング」なので正しいわけではありませんので・・・(笑)

それでも多くの方がフライング検査をして、その結果に一喜一憂し、不安な思いをかかえて妊娠判定日まで待っている・・・、実際私もそういう思いを経験したので、あえて正しいフライング検査について考えてみました。

まずはフライングの時期ですが、妊娠検査薬の精度などにもよるかと思いますが、だいたい着床から2日〜4日ぐらいで反応しだすようです。
(もちろん個人差があります。)

そもそも妊娠検査薬は着床したら発生するホルモンhCGに反応するので、当然着床時期を過ぎないと検知は出来ないわけです。
(妊娠検査薬の種類やメリットデメリットについては「妊娠判定薬の種類と特徴」を見てみて下さい。)

では、着床時期はいつなのか・・・?

着床時期は受精から7日〜11日と言われています。

体外受精の場合、3日目胚を移植したのであれば、移植後4日〜8日。
5日目胚盤胞を移植したのであれば移植後2日〜6日が着床時期になるわけです。

ということは妊娠判定薬が反応するのが着床から2日〜4日後ということなので、フライング時期は
3日目胚の場合は、移植後6日〜11日。
5日目胚盤胞を移植したのであれば移植後4日〜10日

からフライング可能ってことになるわけです。

胚盤胞移植の場合は、結構早くからフライングできるわけですね(笑)

もちろん、着床時期にもhCG分泌の量にも個人差があるので、あくまでも目安ですが。

逆に遅い人だと、例えば胚盤胞を移植した場合に、移植後6日目ぐらいでやっと着床し、その4日後ぐらい(つまり移植から10日後)からやっと妊娠検査薬で反応するぐらいのhCGが分泌されて、検査薬がうっすら陽性になる人もいるだろうから、移植後9日目とかで陰性でもまだまだ妊娠の可能性はあるわけです。

化学流産や偽陽性と本当に妊娠した場合の違い


化学流産でもフライング検査をするとどうしても妊娠判定が出てしまいます。
その他にも偽陽性や蒸発線など、紛らわしいラインがたくさんです^^;

でもそれは妊娠検査薬が悪いわけではなく、正しい使い方をしていないフライング検査なので仕方がないかと思います。
フライング検査をしなければ、化学的流産も基本的には分からないですしね。

で、仕方がないのだけれども、移植から判定日までの長〜い期間、早くちゃんとした結果が知りたくてフライング検査をするのに、検査結果が間違っていたり良く分からない状態では、結局不安で落ち着かないですよね。

実際私も多分化学流産だろうという判定をいただいたのですが、やはりその時にはクリアブルーでもドゥーテストでも薄い陽性が出てしまい、しかもかなり薄いラインだったためフライング検査をしたにも関わらず期待と不安で精神的に落ち着かない毎日を過ごしました。

結局はっきり結果が分かったのは判定日の前日。
ドゥーテストの結果が2日前よりも明らかに薄く、ほとんど見えなくなっていたことから化学的流産だろうなあと諦めがつきました。

なので、はっきり結果が分かるためには、何日か続けての検査(続けてじゃなくてもいいけど複数回の検査)で検査結果の変化を見るのが一番分かりやすいのではと思います。

妊娠していればラインはどんどん濃くなっていくわけで、偽陽性や蒸発線だと濃くならないし、化学流産だと薄くなっていきます。

すご〜く薄いラインが出ると「こんな薄さでも妊娠する可能性あるかしら」と心配になるのはとても分かるのですが(私もめちゃめちゃ検索しました(笑))、蒸発線だろうが偽陽性だろうが化学流産だろうが、日ごとに濃くならなければ可能性は低い、と思っておいた方が良さそうです。

もちろん、それでも妊娠している方もおられますので、妊娠判定日までは諦めなくてもいいかもしれませんが、濃くならない場合は一応の心づもりだけはしておいた方がいいかもしれません。

私もドゥーテストで薄くなった時に諦めがついたので、判定日の当日には気分を切り替えて先生とお話しをすることが出来ました。
まあ、辛いことには変わりないんですけどね・・・^^;

◆関連ページ ----------------------------------------------------------------------------------
妊娠判定薬の種類と特徴
| 不妊治療その他(正しいフライング検査の方法) | 16:26 | - | - | pookmark |