不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「不妊と肥満の関係」の記事一覧
肥満はどうして妊娠しにくいのか
肥満でも普通に妊娠されている人もたくさんおられますが、やっぱり肥満は妊娠にはあまり良くないようです。
どれぐらいの体重だと妊娠しやすいのか
BMI値、ぜひ測ってみて下さい!自分が大丈夫なのか多少ダイエットした方が良いのかの目安になります。
肥満と流産の関係
実は肥満は妊娠しにくいだけではなく流産もしやすいそうです。やっと妊娠したのに流産では悲しすぎますよね・・・。
| 不妊治療の基礎知識(不妊と肥満の関係) | 15:45 | - | - | pookmark |
不妊と肥満の関係

肥満はどうして妊娠しにくいのか


肥満は不妊の大きな原因と言われていますが、どうして肥満だと妊娠しにくいのか・・・?
最近太り気味で「まさか太ってるから妊娠しないのか・・・?」なんてちょっと気になったので調べてみました^^;

肥満で妊娠しにくい理由の1つは、肥満の人は多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になりやすいからだそうです。
(多嚢胞性卵巣症候群については・・・「LH>FSHだと多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)!?」を参照してください。)

多嚢胞性卵巣症候群になると、排卵障害がおこりやすく、当然妊娠しにくくなってきます。

また、PCOSではなくても、肥満になるとホルモンバランスが崩れ、排卵障害が起こりやすくなります。
その為、PCOSでなくてもやはり妊娠しにくくなってきます。

つまりは、肥満自体が不妊の原因というよりかは、肥満のせいでホルモンバランスが崩れたりPCOSになったりして、結果的に排卵障害が起こりやすく、妊娠しにくいということのようです。

また、肥満の場合は着床もしにくいとも言われています。
アメリカでの研究結果によると、BMI35未満では59%だった妊娠率が、BMI35以上では32%だったそうです。
体格指数(BMI)は子宮内の着床環境を悪化させる可能性

よく体験談等で、「私は太っていたけど大丈夫でしたよ!」という口コミもよく見かけますが、肥満そのものが不妊の原因ではないため、肥満でも問題ない方と肥満で排卵障害等が起こって妊娠しにくい人に分かれるのだと思います。

不妊治療を行うにあたっては、太りすぎだと治療してくれない病院があったり、排卵誘発剤が効きにくかったりもするそうなので、やはり太りすぎの場合は多少のダイエットは必要のようです。


どれぐらいの体重が一番妊娠しやすいのか


肥満度を表す計算式にBMIというものがあります。
多分誰でも1度は聞いたことがあるのでは・・・。

BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)
で、肥満度が判定できます。

BMI値判定
18.5未満痩せすぎ
18.5以上25未満標準
25以上30未満肥満1度
30以上35未満肥満2度
30以上35未満肥満2度
35以上40未満肥満3度
40以上肥満4度


適正値は22ぐらいで、そのあたりが一番妊娠もしやすいそうです。

すごく簡単にBMI値が測れるサイトを見つけたのでリンクしておきますね。
ぜひ測ってみてください☆


肥満と流産の関係


実は肥満は妊娠しにくいだけでなく、流産もしやすいそうでうす。

2010年にイギリスで発表された研究結果によると、BMIが25以上の女性の流産リスクは、25未満の女性に比べて2倍もあるんだそうです。

また日本でも、西宮の徐クリニックの院長のブログで、BMI25〜30での流産率は38.5%、BMI30以上で33.3%もあるということが書かれていました。


う〜ん、怖い結果です。
30%以上ってことは、3人に1人、3回に1回は流産ってことですものね。
不妊治療を一生懸命やって、やっと妊娠できたのに流産してしまったら・・・。
考えただけでつらすぎます。

妊娠しにくいことも、流産しやすいことも、また妊娠してからのことを考えても、あまり肥満度が高い場合には、やはりダイエットが必要なようです。

まあ、分かっていても難しいのがダイエットですが・・・^^:
私も太りすぎないように気をつけようと思います☆
| 不妊治療の基礎知識(不妊と肥満の関係) | 15:35 | - | - | pookmark |