不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「卵の質の改善 ΑΑDHEAの摂取」の記事一覧
卵巣機能を向上させるDHEAとは
なかなか採卵できなかったり卵の質が悪かったりして悩んでいる人は、試してみる価値があるかも!
DHEAの効果
DHEAが合う人には、かなり良い効果をもたらしているようです。特に採卵数が増えるという体験談が多いように思いました。
DHEAが合う人合わない人
でも残念ながら誰にでも合うものではありません。合わない人には逆効果なので要注意です。
| 体外受精・顕微授精(卵の質の改善 ΑΑDHEAの摂取) | 15:24 | - | - | pookmark |
卵の質の改善 ΑΑDHEAの摂取

卵巣機能を向上させるDHEAとは


DHEAは副腎由来のホルモンで、男性ホルモンや女性ホルモンの元になる物質です。
(よく男性ホルモンだと紹介されていますが、厳密には男性ホルモンと女性ホルモンの両方の元となる物質です。)
このDHEAは生まれた時から副腎や生殖腺で作られ、20代〜30代でピークをむかえます。
その後減少していき、70代ではピーク時の20%ぐらいまで低下するそうです。


DHEAには老化によって崩れていくホルモンバランスを整える働きがあり、このことからアンチエイジング(老化防止)のためのサプリメントとして注目されています。
アメリカではすごく一般的なサプリメントのようです。
不妊治療においても効果を発揮しているようで、主に卵巣機能を改善し、アメリカでは卵の質があがったり採卵数が増えたという検査結果が報告されているようです。

ただし、日本では未認可となっているため、病院によっては扱っていないところもあるようです。

ネットでサプリメントとしても取り寄せることが出来ますが、基本的には病院で処方してもらってお医者様の指導の下に服薬するのが望ましいと思われます。

もともと20代〜30代では体内でDHEAが十分作られているはずなので、基本的には40代以降の人に処方されているようですが、場合によっては30代半ばぐらいからの方にも処方されているようです。

飲み始めてすぐに効くわけではなく、3ヶ月〜ぐらいから効果がでるようです。

子宮や卵が若返るなんて、高齢での不妊治療の救世主のようなサプリメントですね^^

ただし、以下のような副作用が出る場合もあるようです。

・多毛になる
・ニキビがでる
・脂性肌になる

これらの副作用はもちろん全ての人にあらわれるわけではないようです。
不妊治療の体験談等を見ると、ニキビが出た人は何人かみました。

DHEAの効果


卵の質にも効果があるようですが、どちらかというと採卵時の卵の数が増えた人が結構おられるようです。
卵の数が増えた→胚盤胞に育つ卵も増えた→妊娠
という感じみたいです。

ネットの口コミ等で見つけたDHEAの効果について、いくつか参考までに掲載しておきます。

胚盤胞まで育たなかったのに服用して4か月後ぐらいから胚盤胞が育つようになってきた。

AMHが45歳なみだったけどDHEAを3ヶ月飲んで採卵し、3回目の移植で妊娠しました。

DHEAの効果か偶然かは解りませんが、4回目(飲み始めてから5ヶ月後)の採卵ではグレードの良い胚盤胞になりました。

刺激周期でも3つか4つしか卵が採れなかったのに、DHEA服用後、自然周期で卵が3つも採れました。

2度目の転院で不妊治療専門の病院でDHEAを処方され、1度目の体外で妊娠できました。

3ヶ月ほど前に、DHEA、グリコランを処方されて飲み続けたところ、低刺激で突然良質な卵が3つ採取できました。胚移植も1つめで着床しました。

全ての人にこのような効果が出るわけではないですが、やってみる価値はありそうですね!

DHEAが合う人合わない人


DHEAは上で書いたように、合えばとても良い効果をもたらす場合がありますが、残念ながらやはり合う人と合わない人がいるようです。
特に逆効果になる人もいるようなので、服用には十分気を付けてください。

以下に、一応私が調べた限りの情報を載せておきますが、基本的にはお医者様の指示のもと服用してくださいね。

◆DHEAが合いそうな人
・年齢が30代後半以上(38歳以上ぐらい)
・卵巣機能が悪い人(FSHやAMHに問題あり)
・男性ホルモン値(テストステロン)が低い人

◆DHEAが合わないと思われる人
・年齢が若い人(37歳以下ぐらい)
・PCOSの人(男性ホルモン値が高いので)
・男性ホルモン値(テストステロン)が高い人

基本的には男性ホルモンが高い人には向かないようです。
PCOSの人に向かないのはそのためです。

また年齢が若い人の場合は、自分の体内でちゃんとホルモンが分泌されているのに、そこにさらに外からホルモンをプラスすることで、ホルモン値が乱れるようです。
その為年齢が若い人には処方していないようです。

人によっては悪い影響をもたらすこともあるので、お医者様に相談してから飲むようにしてくださいね。
| 体外受精・顕微授精(卵の質の改善 ΑΑDHEAの摂取) | 15:12 | - | - | pookmark |