不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「原因不明不妊の約13%が抗精子抗体!? 」の記事一覧
必ず最初に検査したい抗精子抗体
意外と行われていない抗精子抗体の検査。その為、原因がわからない不妊で苦しんでいる人も・・・。出来れば最初に受けてほしい検査の1つです。
抗精子抗体の種類
抗精子抗体も厳密にはいくつか種類があり、精子不動化抗体の検査ではSIV2.0以上が陽性のようです。
抗精子抗体の場合体外受精が成功しやすい!?
実は抗精子抗体の人は体外受精(顕微授精)さえすれば妊娠しやすいと言われているんですよ☆
| 不妊治療の検査(原因不明不妊の約13%が抗精子抗体!?) | 18:37 | - | - | pookmark |
原因不明不妊の約13%をしめる抗精子抗体!

必ず最初に検査したい抗精子抗体


抗精子抗体とは頸管粘液、子宮膣、卵管内に出現する抗体で、この抗体を女性側が持っていると精子が動けなくなってしまいます。
つまり、女性側が精子を異物とみなし、攻撃してしまうわけです。
攻撃されると精子が卵子にたどり着く前に無力化されてしまうので、自然妊娠が非常に難しいということになります。

でも抗精子抗体が陽性でも自然妊娠が絶対にできないわけではありません。
軽度の抗精子抗体の場合は自然妊娠できる方もおられますし、人工授精で妊娠できる人もおられるようです。
ただ、強度の抗精子抗体になると、基本的には体外受精や顕微授精をすすめられるようです。

抗精子抗体の検査は血液検査でわかるのですが、残念ながら最初にこの検査をやらない病院が結構あるようです。(この検査は結構高額(1万円前後ぐらい)だし、検査自体ができない病院もあるみたいです。)

その為、原因不明の不妊となってしまい、原因が分からないけど何度タイミングや人工授精をしても妊娠しなくて、どうしてだろうと悩んでいる人も多いようです。
そして不妊専門クリニックに転院→初めて抗精子抗体の検査→陽性が発覚→体外受精となる人も結構おられるようです。

あるお医者様が書かれた記事をWEB上で見ましたが、原因不明不妊の約13%がこの抗精子抗体が原因だそうです。
(不妊原因の13%ではなく、原因不明不妊の13%です。)

最初にこの検査をやっていれば、すぐにでも適切な治療にステップアップ出来たのに、検査をしていないために何年も無駄にしてしまうのは本当にもったいないですよね。

少なくともフーナーテストで結果が良くなかった場合は、一度抗精子抗体の検査をした方が良いと思います。

ちなみに、私が通っている病院では最初の検査に含まれていて、当時はさっぱり訳が分からないまま検査をしたのですが、問題はなかったようです。


抗精子抗体の種類


抗精子抗体には、いくつか種類があります。、

・精子不動化抗体・・・精子の動きを止めてしまう
・精子凝集抗体・・・精子同士をくっつけて運動率を低下させる
・受精阻害抗体・・・精子の受精に関する機能を阻害する

この中でも主に精子不動化抗体の検査を行っている病院が多いようです。
私の病院でも精子不動化抗体の検査をしました。
体験談等を見ると、精子不動化抗体と精子凝集抗体の両方の検査をしている方もおられたので、病院によって多少違うようです。

ちなみに、精子不動化抗体の検査では、女性から採取した血清と、精子を合わせて運動率がどれぐらい低下するのかを測るようです。
この値がSIV値という値であらわされ、SIV値2.0以上で陽性となるようです。
SIV値2.0は、運動率が2分の1という意味で、5.0であれば運動率5分の1という意味となります。

検査結果は変わることもあり、陽性反応が出た人でも何か月後かにすると陰性になる場合もあるみたいです。
また、軽度の場合であれば長期間精子を子宮に入れないようにする(コンドーム使用など)ことで、抗精子抗体値が下がることもあるみたいです。


抗精子抗体の場合体外受精が成功しやすい!?


抗精子抗体を持っている人は、不思議なことに体外受精(顕微授精)での成功率が高いらしく、1度目の移植で妊娠する人が多いそうです。
もちろん、これは他に不妊原因がなければということですが、抗精子抗体は受精にはマイナスに働くが、着床にはプラスに働くのではと考えられているようです。
(はっきりとは分かっていないようです。)

なので、抗精子抗体の方、体外受精は費用的にも身体的にも大変かもしれませんが、妊娠できる可能性は十分あるので、安心してください☆
(というか、体外受精や顕微授精さえすれば、かなり妊娠しやすい不妊原因のようです。)

ちなみに、軽度の抗精子抗体の場合はまず人工授精を行う場合が多いかと思いますが、通常の人であれば(抗精子抗体を持っていない人)人工授精を6回ぐらいやってから体外受精へ進むのが結構一般的なのですが、抗精子抗体を持っている場合は早めに体外受精に切り替えることが多いようです。

これは、例え軽度でも卵管内に抗精子抗体が存在する場合、人工授精では卵管を通る際にやはり精子が攻撃にあってしまって卵子までたどりつけない可能性が高くなるからのようです。
どこに抗体があるのかは、検査等では分からないらしいので、人工授精を一応やってみるけど、ダメそうだったら早めに体外受精(顕微授精)に切り替えということみたいです。

| 不妊治療の検査(原因不明不妊の約13%が抗精子抗体!?) | 18:25 | - | - | pookmark |