不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「卵管閉塞と体外受精(顕微授精)」の記事一覧
体外受精(顕微授精)と卵管回帰説について
卵管回帰説という考え方があって、もしこの考え方が正しければ両卵管閉塞の場合は胚盤胞移植をしないといけないってことになるんです!
胚盤胞移植で子宮外妊娠の可能性も低くなる!?
卵管回帰説が正しいかどうかは分からないけど、胚盤胞移植には他にもメリットがあるので考えてみる価値はあるかも☆
| 体外受精・顕微授精(卵管閉塞と体外受精(顕微授精)) | 19:55 | - | - | pookmark |
卵管閉塞と体外受精(顕微授精)

体外受精(顕微授精)と卵管回帰説について


卵管回帰説ってご存知ですか?
加藤レディスクリニック院長の「不妊治療はつらくない」という本に載っている考え方なのですが、体外受精の胚移植で移植した分割胚は、いったん卵管に戻り、分割して胚盤胞に成長しながらまた子宮に戻ってきて着床するという考え方です。

自然妊娠の場合は卵管で育ってから子宮にたどり着くので、体外受精でも分割胚が自然と同じあるべき場所へ戻るという考え方のようです。



つまり、例え体外受精(もちろん顕微授精も同じく)であっても、移植後の卵管の役割がちゃんとあるので、両方の卵管が閉塞している場合分割胚だと妊娠しにくいということのようです。

この考え方は、賛否両論があるらしく、全く信用していないお医者様もいれば、有力な説ではあるが絶対ではないというお医者様もおられるようです。
もちろん、この考え方に賛同し、両卵管閉塞の場合は基本的には胚盤胞移植しかしていないという病院や先生もおられるみたいです。

確かに、体験談を読んでいても、実際両卵管が詰まっていても分割胚移植で妊娠している方も何人もおられました
なので、私も絶対ではないように思います。

ただ、体外受精(顕微授精)でも「子宮外妊娠」で卵管に着床する事があるということは、少なくともいったん卵管に戻る可能性はあるということだと私は思っています。
(その可能性がどれぐらいかは分かりませんが・・・。)


ちなみに、私は片側卵管閉塞ですが、通っている病院(体外受精で超有名ですが)では、この話は聞きませんでした。
ということは、うちの病院では否定、または絶対ではないという考え方なのかもしれません。(もしくは卵管閉塞が片側だから?)


確かに両卵管閉塞で分割胚移植で妊娠している人がいる以上、絶対ということではないとは思いますが、それでも何度も胚移植を繰り返して妊娠に至っていない場合、少しでも確率があるならなるべく胚盤胞で移植した方が良いのではないかと、私は思います。


実は私の最初の胚移植の時、お医者様には胚盤胞に育てましょうと言われましたが、私は胚盤胞に育たないかもしれないからとりあえず分割胚を1つ移植して欲しいと頼みました。
残りは胚盤胞に育つかどうかやってみて欲しいと。

結果3日目8分割を1つ移植し、2つが胚盤胞まで育ちました。
そしてその8分割は残念ながら陰性でした。

当時はこの卵管回帰説について知らなかったのですが、やっぱり知ってしまった今では、たとえ片側卵管閉塞でも次回からは胚盤胞まで育ててから移植しようって思っちゃいます。
不妊治療って本当に出口が見えないから、ほんの少しのリスクでも減らしたいし、ほんの少しの希望にでもすがりたい、ってやっぱり思っちゃいますよね〜・・・^^;

胚盤胞移植で子宮外妊娠の可能性も低くなる!?


そもそも胚盤胞移植は卵管に問題がなくても妊娠率があがる良い移植法ですが、実は他にも良いことがあるようです。

この卵管回帰説が正しいとすると、分割胚を移植するといったん卵管に戻るわけで、通常はその後成長してまた子宮に降りてくるのですが、何らかの原因でそのまま卵管に着床してしまうと子宮外妊娠となってしまうわけです。

ということは、胚盤胞を移植すればいったん卵管に戻らずそのまま子宮に着床してくれるので、子宮外妊娠の可能性を極力抑えることが出来るということのようです。

もちろん、絶対ということではないようですが・・・。


私は子宮外妊娠の経験もありませんが、不妊治療のつらさは分かります。
その辛い治療の末にやっと妊娠したのが子宮外妊娠だったら・・・、どれほどつらいだろうと思います。
想像するだけで泣けてきそうです。

卵管回帰説がどこまで本当かは分かりませんが、特に子宮外妊娠を一度した方はしやすいそうなので、少しでも参考になればと思います。
| 体外受精・顕微授精(卵管閉塞と体外受精(顕微授精)) | 18:53 | - | - | pookmark |