不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「自分に合った誘発法で体外受精の成功率UP!」
自分に合った誘発法で卵の数や質がアップ!
体外受精や顕微授精での採卵時、実は誘発方法がいろいろとあって、自分に合う誘発法を見つけることがとても大事なんです!
ロング法のメリットとデメリット
現在一般的なロング法。まずはこの誘発法をされた方も多いのでは・・・。私もその1人です^^
ショート法のメリットとデメリット
ロング法で卵が少なくても大丈夫!ショート法だとロング法より卵の数がたくさん採れることが多いんです☆
アンタゴニスト法のメリットとデメリット
ロング法で質が良い卵が採れなかった人も大丈夫!卵巣機能が低下していてもアンタゴニスト法で妊娠できた人の体験、たくさん見ました!^^
| 体外受精・顕微授精(自分に合った誘発法で体外受精成功率UP) | 15:00 | - | - | pookmark |
自分に合った誘発法で体外受精の成功率UP!

自分に合った誘発法で卵の数や質がアップ!


体外受精(顕微授精)の採卵時の誘発法は、実はいろいろ種類があり、人によって合う合わないがあるようです。
採卵で卵があまり採れなかったり、質が悪くて受精がうまく出来なくてても、自分に合った誘発法が見つかれば、卵の数が増えたり質が良くなったりしてうまく妊娠まで辿りるけることも多々あるので、諦めないで下さいね!

ちなみに各誘発法のメリットデメリットを下でまとめていますが、正直どれが自分に合うのかはやってみないと分からないみたいです。
一応「○○な人にはこの誘発法」っていうのがあるのですが、合うはずなのに合わなかったり、合わないはずなのに合ったりもするので、参考程度にしてみて下さい。

ロング法のメリットとデメリット


若い方(37歳以下ぐらい)で卵巣機能が正常な方に、一般的に最初に使用されることが多いのがこのロング法です。
点鼻薬を前周期から始めるのが特徴で、一番長い期間点鼻薬を使用します。

ロング法が向く人
・年齢が若い(37歳以下ぐらい)
・卵巣機能に問題がない

ロング法のメリット
・卵の質が良い(ショート法に比べ)
・卵の数が多い(アンタゴニスト法に比べ)

ロング法のデメリット
・点鼻薬の期間が長いので面倒
・比較的OHSSになりやすい
・薬剤の量が多いので身体への負担も若干多いかも(ショート法に比べ)


卵巣機能に問題がない場合というのは、血液検査でのAMHやFSHの値が問題がない場合ということです。
(卵巣機能については「卵巣年齢がわかるAMH(坑ミュラー管ホルモン)」「FSH(卵胞刺激ホルモン)で閉経間近かどうかがわかる!?」を参照してください。)

ちなみに私は最初の体外受精児、採卵時36歳で卵巣機能に問題がなかったのでロング法で採卵しました。
採卵数は十分採れ(確か22個で12個受精)、胚盤胞にもいくつか育っているので質も悪くはなさそうですが、まだ妊娠していないので何とも言えません・・・^^;


ショート法のメリットとデメリット


ショート法はロング法で卵の数があまり採れない人や高齢の方(38歳以上ぐらい)、卵巣機能が落ちている場合などに主に使用される誘発法です。
ロング法との違いは、採卵の周期が始まってから点鼻薬を開始することです。

卵の数はロング法よりもたくさん採れることが多いですが、その分質が多少悪いと言われています。
ただ、これも合う合わないがあるので、ショートでも質は悪くなかったとか良かったという体験談も多数見ました。
ロング法で卵が少ししか採れない方は、一度試してみる価値があるかと思います。

ショート法が向く人
・高齢の人(38歳以上ぐらい)
・卵巣機能が低下している人
・ロング法でなかなか卵胞が育たない人

ショート法のメリット
・卵の数がたくさん採れる
・点鼻薬が当周期からで良いから楽
・点鼻薬が当周期から良いので前周期にもチャンスあり(タイミングとか出来るので)
・採卵日がロング法に比べ2日ほど早いのでその分注射も少なくて済む

ショート法のデメリット
・卵の質が悪いかも
・採卵日が確定しずらい
・点鼻薬を使う期間が短いため排卵をコントロールしにくく、最悪の場合既に排卵してしまっていることが・・・。


アンタゴニスト法のメリットとデメリット


前周期や当周期から点鼻薬を使うロング法やショート法と違い、点鼻薬の代わりにアンタゴニストという注射を使って排卵を抑制させるのがアンタゴニスト法です。
ロング法やショート法とは違い、自己分泌するホルモンも利用して卵を育てていきます。
年齢が高い人や質の良い卵が採れにくい人に向いているそうです。

アンタゴニストは5年ほど前に認可された新しい薬でまだ新しい方法ですが、病院によってはまずアンタゴニスト法から試すところもあるようです。

アンタゴニスト法が向く人
・OHSSになりやすい人
・質の良い卵が育ちにくい人(受精しない、胚盤胞にならない等)

アンタゴニスト法のメリット
・卵の質が良い(ロング法よりも良いと言われている)
・OHSSになりにくい

アンタゴニスト法のデメリット
・採卵数は少ないかも(ロング法よりも少ないかも)
・多少費用が上がるケースが多い


アンタゴニスト法は、刺激誘発法としてだけでなく低刺激法とも併用したり出来るみたいで、アンタゴニスト注射を使えば全て「アンタゴニスト法」だけれども、その中身はその人に合わせて(または病院の考え方によって)結構違うみたいです。

だからアンタゴニスト法の体験談って結構違うのかも・・・^^;

でも今回調べてみた感じでは、私的には結構良い印象を受けました。
もし私が次回採卵する場合は、前回ロング法でOHSS気味でしんどかったのでアンタゴニストでもいいかなあなんて思っています^^

それと、最初にも書きましたが、ここにまとめたのはあくまでも「基本的には」ということなので、例えば高齢で卵巣機能が悪いのにショート法でもうまくいかなかったからもうダメ!!」というわけではなく、意外とロング法が自分に合っていたとかそういう場合も多々あるようなので、諦めずにいろいろな誘発法を試してみて下さい。

また、ここにはあげていませんが、その他にも自然周期法や低刺激法などもありますので、またそのうちまとめようと思います☆
| 体外受精・顕微授精(自分に合った誘発法で体外受精成功率UP) | 14:57 | - | - | pookmark |