不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「卵管閉塞と人工授精(AIH)」の記事一覧
両側卵管閉塞の場合は体外受精へ
両側の卵管が閉塞してしまっていたら、手術か体外受精の選択になります。そのままの状態で人工授精では妊娠できません。
片側卵管閉塞の場合は人工授精でも可能性あり!
片側の卵管だけが詰まっている場合は人工授精や自然妊娠でも妊娠の可能性あり☆でも人によるかも・・・^^;
| 人工授精(AIH)(卵管閉塞と人工授精(AIH)) | 14:31 | - | - | pookmark |
卵管閉塞と人工授精(AIH)

両側卵管閉塞の場合は体外受精へ


そもそも受精のしくみとして、卵子は卵巣から排出され、卵管采でキャッチされ、その後卵管を進んで精子と出会います。

その為、両卵管が閉塞していた場合は自然妊娠や人工授精では妊娠が出来ません。
精子と卵子が出会えないですからね。

その場合は手術をするか体外受精へ進むことになります。

片側卵管閉塞の場合は人工授精でも可能性あり!


片側卵管閉塞の場合は、自然妊娠や人工授精でも可能性があります。
ただ、当然両方の卵管が通っている人よりも可能性は低くなります

そもそも、1度に排卵される卵は通常1つです。
それが月によって右側か左側の卵巣から排出されるのですが、詰まっている方の卵巣から排出されてしまうと、その卵子は卵管を通ることが出来ず精子と出会うことが出来ません。
つまり、その月は基本的には人工授精をしても無理ということになってしまいます。

どちら側の卵巣から排卵するかは本当に人それぞれで、だいたい交互に排卵する人もいれば、どちらかの卵巣からの排卵に偏っている人もいるみたいです。

私も片側卵管閉塞なのですが、なぜかいつも詰まっている方の卵管からばかり排卵されてしまい、3か月間チャレンジしてみましたが、1度も人工授精をすることさえ出来ませんでした・・・(泣)

もちろん、もう何度かチャレンジすれば、そのうち詰まっていない方の卵管から排卵することもあるかもしれませんが、正直いつになるか分からないし、年齢も年齢のため(当時36歳)いつまでもは待てないなあと思い、結局人工授精をせずに体外受精に踏み切りました。

まあ、うちの場合は旦那側にも問題があり、その後の体外受精が顕微授精に切り替わったぐらいなので、どちらにしても人工授精ではかなり確率が悪かっただろうなあと思いますが・・・。

つまりは、私とは逆で毎回詰まっていない方からの排卵であれば(他に問題がなければ)、片側卵管閉塞であっても全く問題なく人工授精で妊娠できる可能性もあるし、逆に私のように詰まっている方からの排卵ばかりだと、人工授精ではなかなか妊娠できず(というか、人工授精が出来ない)、体外受精に進んだ方が早いかも、っていうことになるかと思います。


ちなみに、反対側の卵管が卵子をキャッチすることもあるようです。
つまり、右側の卵管が詰まっていて右側から排卵された場合でも、左側の卵管が右側の卵子をキャッチする可能性があるということです。

ただこれは絶対にということではなく、個人差も大きかったり、人によっては全く反対側ではキャッチされなかったりするらしいので、何ともいえないみたいです。
(ある意味、ちょっと奇跡的なのかも・・・。)
でも、そういう可能性もあるわけなので、人工授精はできない月でもダメ元でタイミングを試してみるのもいいかもしれないですね☆
| 人工授精(AIH)(卵管閉塞と人工授精(AIH)) | 14:27 | - | - | pookmark |