不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「不妊治療の分かりやす〜い流れ」の記事一覧
STEP1.不妊治療の検査
最初の1〜3か月はいろんな検査です。ここで今後の治療方針が変わってくるのでとても大事なステップです。
STEP2.タイミング指導
年齢が若くて問題がなければまずはタイミング指導からスタートです。
STEP3.人工授精(AIH)
人工授精までは、比較的行いやすい不妊治療となります。金額的にも身体的にも精神的にも・・・。
STEP4.体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)
現在私が行っている治療です。あっというまに不妊治療最終手段にまで行きついてしまいました・・・^^;
| 不妊治療の基礎知識(不妊治療の分かりやす〜い流れ) | 15:31 | - | - | pookmark |
不妊治療の分かりやす〜い流れ
これから不妊治療を始める方のために、分かりやすい言葉で不妊治療の流れをまとめてみます。
具体的に分かることで、治療を始めやすくなるかもしれないですしね。
実際私は、身近な友人が不妊治療をずっとしていて、その影響で始めることが出来ました^^

STEP1.不妊治療の検査


まずは病院に行くと検査です。
男性の検査と女性の検査がそれぞれあり、全部終わって結果が出るまでには1ヶ月〜3ヶ月ぐらいかかります。
というのも、女性側の検査では生理の3日目あたりにホルモン検査等を行うため、病院に行ってすぐに出来る検査と、タイミングを見て行う検査があるので、どうしても1度の検査では終わらないわけです。
結果が出るまでに時間のかかる検査もありますしね。

ちなみに、男性の検査は治療の途中で行う方をたまにWEB上で見かけますが(っていうか結構よくある!?)出来れば最初に両方の検査を終わらせた方が、今後の治療の目安が立ちやすいです。
まあ、多分軽い気持ちで「まずは私から病院に行ってみよう」とか「旦那がなかなか協力してくれない」って方も多いみたいなので、仕方ないかもしれませんが・・・。

でも35歳を過ぎたら急がなくてはいけないし、無駄な治療をしている場合ではないので、出来れば旦那様と一緒に病院に行く事をおすすめします^^
(関連記事「不妊治療は35歳までに始めるべき!?」

検査の結果によって
 峺住点では目だった問題はないですね〜、タイミングから始めましょうか。」
◆嵬簑蠅発覚しました!!治療は○○から行いましょう。」
だいたいこんな感じになってきます。

私の場合は私の卵管が片方詰まっているのと、旦那の精子が少なくって運動率も多少悪いことがこの時点で発覚したので、
「う〜ん、自然妊娠はちょっと難しいですね〜。人工授精か体外受精かは難しいところです。」みたいな事を言われました^^;


STEP2.タイミング指導


目立った問題がない場合はタイミング指導にすすみます。
排卵日に合わせて「はい、今日性交してくださいね〜」ってやつですが、これが半年〜1年程度

タイミング指導のメリット
お金があんまりかからない(多分月に数千円で大丈夫かと・・・)
女性の体の負担もほとんどない(体外受精とかになってくると結構大変なので)
旦那は病院に行かなくても良い

このあたりでしょうか・・・。

タイミング指導のデメリット
性交する日が決められてしまうため、繊細な人にはかなりのプレッシャーが・・・

これに尽きるかと^^;
ネットでもかなりこういう書き込み見ますよね。

ちなみに私の場合は、どうせタイミング法はダメでしたが、もし問題がなくても多分飛ばしていたと思います。
うちの旦那は意外と繊細で・・・(笑)
しかも、私が喘息の持病があるため、夜って調子が悪い時が結構あって(季節の変わり目とか雨の日とか・・・)、先生から「今日やってくださ〜い!」と言われても結構無理だったりするんですよね^^;

まあでも、結構気にせず出来る夫婦もおられるみたいなので(私の友人達も結構そんな感じ)、その場合はタイミング法だとお金もかからないし、体に負担もかからないし、旦那も病院に行かなくてもいいので、出来るならやったほうがいいと思います。
タイミング法で妊娠出来れば、言い方は悪いですが正直楽です。(うらやましい・・・。)

タイミング法をどのぐらい続けるのかは、女性の年齢によっても変わってきます。
若ければ1年ぐらいやってみてもいいと思うし、正直35歳を過ぎていたら、半年でももったいないかなと私は思います。

ちなみに私が通っている不妊専門クリニックでは、基本的には6回を目処にステップアップを行うみたいです。
(もちろん、年齢や状況によって変わりますが。)


STEP3.人工授精(AIH)


人工授精は、旦那さまに精子を採取してもらい、その精子を子宮の奥に直接注入する方法です。
精子の数が少しだけ少なかったり、少しだけ元気がなくって子宮の奥までなかなか泳いでいけない場合は、人工授精が有効です。
(ものすごく精子が少なかったり、ものすごく元気がない場合は、人工授精では無理なので体外受精や顕微授精となります。)

人工授精のメリット
人工授精の費用は1万円〜3万円と意外と安い
体への負担もあまりない

人工授精のデメリット
旦那は指定された日に朝からマスターベーションしたり病院に行かなくてはいけない
妊娠の確立は意外と高くない(5%〜15%程度)

こんな感じでしょうか・・・。

タイミング指導から人工授精は意外とハードルが低いので、ステップアップはしやすいと思います。

といっても、もちろんタイミング指導に比べると、費用的にも旦那さん的にも随分大変にはなりますが、体外受精に比べると、費用はもちろんのこと体への負担なども随分少ないです。
なので、ステップアップとしては人工授精はタイミング指導と体外受精の間にあるのですが、イメージ的にはものすごくタイミング指導に近い感じがします。

ちなみに人工授精の費用はうちの病院では21,000円でした。
(が、多分薬とかは別料金なので、実際にはもう少し取られそう・・・^^;)


私の場合は、人工授精を3回ぐらいはやってみようかなと思っていたのですが、詰まっている方の卵管側からばかり卵胞が育ってしまい、結局3ヶ月の間に1度も人工授精が出来ませんでした(泣)
1度ぐらいはやってみたかったのですが、あまり時間を無駄にするのも嫌だったので、早々に体外受精に切り替えました。

STEP4.体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)


体外受精とは、その名のとおり体外で人工的に受精させて、その受精卵を子宮の中に戻してやる方法です。
精子の数が少なかったり、精子が弱くてなかなか自分で卵子までたどり着かない場合でも、体外(顕微)受精の場合は人工的に受精まで行ってやるので、随分妊娠確立はあがります。

体外受精のメリット
妊娠確率が高い(25%〜50%ぐらい)

体外受精のデメリット
とにかく費用が高い(特に顕微授精!!)
女性側はかなり体も大変(注射に毎日通ったりとか)

メリットはこれに尽きるのでは・・・。
人工授精に比べると大分上がります。
(その分金額も上がりますが・・・^^;)

妊娠確率については目安です。
年齢や、分割胚なのか胚盤胞なのかなどによってもかなり大きく違います。
(関連記事「胚盤胞移植で2人に1人が妊娠!?」

費用は本当に病院によって差がありますが、体外受精でだいたい30万〜50万、顕微授精だとさらにプラスされます。私の場合は、卵の数も多かったので顕微授精ではプラス14万円程度かかりました。

また、10日間ほど注射に通ったりするので病院に通う回数も格段に増えるし、卵巣刺激ホルモンの影響などでお腹がはれて苦しい思いをしたり(OHSS)なんてこともあるので、女性側の負担はかなり増えます。
(自己注射とかもあるし、OHSSにならない人もたくさんいるので一概には言えませんが・・・)

逆に男性側はもしかしたら人工授精より少し楽になる場合もあるかも。
たくさん卵が採れた場合は、採卵は1回で何度も移植が出来るので、採精は採卵時の1回のみで後は次の採卵まで出番なしです(笑)

私の場合も卵が結構採れたので、次が3回目の移植ですが、体外受精に入ってからの旦那の出番はまだ1度だけです^^
でも、私はOHSSにもなったので、採卵時には結構大変でした。

お金も思ったよりもめちゃめちゃ高くって、会計時に目が点になったこともしばしば(笑)

タイミング指導から人工授精へのステップアップは気軽に出来るけど、人工授精から体外受精・顕微授精へのステップアップは、正直心構えとお金の準備が必要です・・・^^;
| 不妊治療の基礎知識(不妊治療の分かりやす〜い流れ) | 19:40 | - | - | pookmark |