不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「受精卵のグレード&分割スピードと妊娠確率!」の記事一覧
初期分割胚のグレード
初期分割杯はグレード1〜5となっています。ちなみに私が初めて胚移植したのはグレード3でした^^;
グレード以外にも分割スピード重視!
実はグレードが低くても分割スピードが早い方が良い胚だという判断をされることもあるみたいで、分割スピードって大事みたいです!
胚盤胞のグレード
胚盤胞の場合は、初期分割胚とはグレードのつけ方が違います。成長段階と細胞のランクによってグレードがつけられるみたいです^^
6日目胚盤胞の凍結胚移植と自然胚移植の妊娠率の違い
少しだけ成長が遅い6日目胚盤胞は、凍結胚移植にする方がいいみたいです☆なるほど、だから分割スピードが重要なんですね。
| 体外受精・顕微授精(受精卵のグレードと妊娠確率) | 16:16 | - | - | pookmark |
受精卵のグレード&分割スピードと妊娠確率!

初期分割胚のグレード


受精して分割を始めた受精卵は、受精後2日目または3日目の状態を初期分割胚といい、細胞の数やフラグメントの有無で1〜5のグレードに分かれます。
1が一番良いグレードで、数字が大きくなるにつれて、グレードは下がっていきます。
病院によっても多少違うのですが、私が通っている病院では、各数字の中にさらにaとbという区分があり、グレードの高い順に
G1a→G1b→G2a→G2b・・・・・となっています。

VEECKの5段階分類っていうのが、結構いろんな病院で使われているみたいで、それによると下記のようになっていました。(うちの病院も基本はこれなのかな?)

グレード1.
卵割球の形態が均等でフラグメンテーション(卵割球のまわりのぷつぷつしたもの)を認めないもの

グレード2.
卵割球の形態は均等であるがわずかにフラグメンテーションを認めるもの

グレード3.
卵割球の形態が不均等なもの

グレード4.
卵割球の形態は均等または不均等でかなりのフラグメンテーションを認めるもの

グレード5.
卵割球をほとんど認めずフラグメンテーションが著しいもの

この中でグレード3までが十分妊娠する可能性があるとういことです。

ちなみに、初期分割胚での妊娠成功率は、病院や年齢によっても変わってきますが、私が通っている病院では30%弱です。
IVFなんばの移植法別妊娠実績

グレード以外にも分割スピード重視!


グレード以外にも分割するスピードも重要ならしく、受精後2日目で4分割、3日目で8分割というのがベストな状態だそうです。
なので、3日目なのに4分割とかだと少し成長が遅いらしく、分割スピードが遅い胚は途中で分割が止まったりすることも多いようです。(つまり胚盤胞に育たない)
もちろん3日目4分割だと妊娠出来ないというわけではなく、分割が遅くても妊娠された方もたくさんおられますし、逆にベストな分割スピードであったとしても妊娠出来ない場合もあるわけです。

ちなみに、私の場合・・・。
3つの受精卵を融解し、3日目の段階で8分割と4分割の分割胚があったのですが、8分割のほうはグレードが3(しかもb)で、4分割のものはグレードが1でした。
(もう1つあったのですが、忘れてしまいました・・・^^;)

グレード的には4分割の分割胚の方が良かったのですが、先生は「この8分割の方が分割スピードが速いし、すごくきれいな8分割だから」と言われ、「ふ〜ん、そうなんだ」と思い、1度目の移植時はグレード3の8分割を移植しました。
結果、見事撃沈しました・・・^^;


胚盤胞のグレード


受精卵は2日目〜3日目が初期分割胚、4日目が桑実胚、5日目〜6日目に通常胚盤胞に育つのですが、胚盤胞の場合は、初期分割胚とはグレードのつけ方がまた違っていて、成長段階によって5段階で表されます。

胚盤胞成長段階.jpg

1・・・初期胚盤胞
2・・・中期胚盤胞
3・・・後期胚盤胞
4・・・拡張期胚盤胞
5・・・孵化開始胚盤胞


5のほうが成長が進んでいるので、一番状態としては良いということです。
(たまに6の人も見るので、病院によってはあるのかも)

胚盤胞のグレード
更に、塊の細胞部分(上の写真の赤い線で囲んだ部分)と胚盤胞の周りを囲んでいる細胞部分がそれぞれがA〜Cでランク付けされていて、Aが一番良いそうです。

つまり、両方を合わせると4AAとか3CBのように表され、5AAが一番状態が良いそうです。
(1CCが一番下ってことですね。でもどんな状態でも胚盤胞まで育っているだけで十分良い卵ですよ!)

ただし、この英語の部分は病院では教えてくれないところも多いそうで、私の場合も数字の部分しか教えてくれませんでした。

初期分割胚と同じく、これにプラスして分割スピードなども考慮されるので、5日目で胚盤胞になったのか、6日目で胚盤胞になったのかなども合わせて、どの胚盤胞を移植するのかが決定されます。

ちなみに私の場合、1度目の移植の時に残しておいた2つが両方とも胚盤胞まで育ち、1つが後期胚盤胞(3段階目)もう1つが孵化開始胚盤胞(5段階目)だったのですが、後期胚盤胞の方が5日目で、孵化胚盤胞が6日目だったらしく、5日目の後期胚盤胞(3段階目)の方を次回移植することになりました。

でも3日目で4分割だった分割胚が、6日目だったとはいえちゃんと胚盤胞の、しかも孵化胚盤胞まで育ってくれていたのは本当に嬉しかったです。
途中で成長が止まっちゃうかなあと思っていたので・・・^^;


6日目胚盤胞の凍結胚移植と自然胚移植の妊娠率の違い


私が通っている病院でも、グレードよりも比較的分割スピードを重視しているようで、そのあたりについて調べてみました。

すると、「内膜が胚を受け入れる時間」がとても大事なことが発覚!
この、内膜が胚を受け入れる時間は、排卵後(採卵後)5日〜8日に限定されているらしく、いくら良い胚でも、子宮内膜が排卵後5日〜8日の状態の時に胚がちょうど着床できる状態になっていないと、妊娠する確率が低くなるということらしい!

着床するためには、胚盤胞の最後の成長段階(胚が透明帯から完全に脱出)になっていなければならず、6日目に桑実胚や初期胚盤胞だった場合、その最後の成長段階に成長するのが8日目を過ぎていると、内膜側では「受け入れ終了」となってしまっている可能性があるわけです。
つまり、子宮と胚の成長速度がずれてしまっているわけです。

ほぅ〜、なるほど、なるほど。

だから、新鮮胚移植の場合は特に分割スピードや成長のスピードが重要になってくるわけです。
実際、6日目胚盤胞と5日目胚盤胞の新鮮胚移植では、6日目胚盤胞の妊娠確率が下がると培養士さんがどこかでおっしゃられているのを見ました。

でも、これが凍結胚移植の場合は少し違っていて、6日目胚盤胞を排卵から5日目の子宮に戻してやることで、卵側と子宮側のタイミングが合い、問題なく着床するらしいです。

ちなみに6日目胚盤胞の新鮮胚移植では絶対に妊娠しないわけではなく、人によっても内膜の受け入れ期間が多少違ったりもするので、ちゃんと妊娠されている方ももちろんおられるようです。

まあでも多少のずれならまだしも、例えば6日目で桑実胚だったりとか、7日目で初期胚盤胞だったりするとやっぱりまずいのかな・・・と個人的には思いました。

ちなみに、私の場合は胚盤胞の凍結胚移植なので5日目でも6日目でもいいのでは、と思ったりもしましたが、やはり内膜の受け入れ期間だけではなく、途中で分割が止まってしまう可能性や外に長くいるとその分ストレスがかかるとか、教えてもらえなかったけどグレード(英語の部分)とかいろいろなことから、先生が判断されたのだろうから、それを信じて次回の胚移植を楽しみに待とうと思いました^^

◆関連ページ --------------------------------------------------------------------------
胚盤胞移植で2人に1人が妊娠!?
| 体外受精・顕微授精(受精卵のグレードと妊娠確率) | 17:24 | - | - | pookmark |