不妊治療について、人工授精や体外受精・顕微授精などを体験談をまじえながら徹底研究!

不妊治療(人工授精や体外受精・顕微授精)の研究所


不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精−へようこそ
不妊治療研究所−人工授精や体外受精・顕微授精 2010年8月から2011年11月まで不妊治療(顕微授精)を行い、費用は約220万かかりましたが、何とか妊娠することが出来ました。 不妊治療って本当に苦しいですよね。費用的にも出口が見えない治療にも。

当サイトでは、不妊治療中に私が調べたこと、実践したことなどをまとめています。 少しでもお役にたてれば、そして皆さんが無事妊娠出産出来ますように・・・。
不妊治療はまず検査から!
不妊治療はまず検査がとても大事です。
なぜなら、検査結果によって不妊治療の内容が決まってくる場合が多々あるからです。
無駄な治療費や時間をかけないためにも、まずはきちんと検査を行うことをお勧めします。
体外受精が失敗しても諦めないで!
体外受精や顕微授精は、費用的にも身体的にもとっても大変な分、失敗するとかなりの大ダメージ。
でも諦めないで!
体外受精(顕微授精)には沢山の方法があります。
自分に合った方法を見つけることできっと妊娠出来るはず!
不妊治療や体外受精にちょっと疲れたら・・・
何度も体外受精をやってみても妊娠できない。 なぜ自分だけ、もしかしたら自分はもう一生妊娠出来ないのかも・・・。
そんな時は少しお休みしてみて、身体と心をリフレッシュする期間にしてみては。
そんな時に妊娠出来たっていう話、多いですよね(^^)

私の不妊治療履歴

  • 2010年8月:旦那と一緒に初めて不妊治療専門クリニックへ
  • 2010年8月〜9月:一通りの検査を行い、旦那にも私にも原因があることが発覚(^^;)
  • 2010年10月〜12月:人工授精から始めようとしたが、毎回閉塞側の卵管から卵胞が育ち、人工授精さえ出来ず(泣)
  • 2011年1月:結局人工授精を諦め体外受精へ。採卵当日顕微授精へ急きょ変更。
  • 2011年4月:OHSS気味で期間をあけて胚盤胞移植を行う予定が当日キャンセル(泣)
  • 2011年5月:やっと分割期胚移植ができた。でも結果は陰性。
  • 2011年7月:1周期あけて初めての胚盤胞移植→陰性(化学流産っぽい)
  • 2011年8月:融解した胚盤胞が変性し、またもや当日キャンセル(泣)
  • 2011年10月:凍結2日目胚を2個移植するが陰性
  • 2011年11月:アンタゴニスト法での2度目の採卵(顕微授精)
  • 2011年11月:4度目の移植(2段階移植)でとうとう妊娠出来ました!
新着情報
HOME > 
「不妊治療は35歳までに始めるべき!?」の記事一覧
私の場合・・・36歳から不妊治療の病院に通い始めました!
初めて病院に行った時言われたのは・・・。
不妊治療に関する年齢別の恐ろしい確率を発見しちゃいました!
う〜ん・・・、正直受け入れられない・・・そんな確率 (><)
| 不妊治療の基礎知識(不妊治療は35歳までに始めるべき!?) | 19:58 | - | - | pookmark |
不妊治療は35歳までに始めるべき!?

私の場合・・・36歳から不妊治療の病院に通い始めました!


私が初めて不妊治療の専門病院に検査に行ったのは36歳の時でした。

その時、いろいろなデータを元に不妊治療について説明を受けたのですが、初めてのことばかりで先生や看護師さんが言っていた事をほとんど覚えていないのですが、1つ強烈に覚えているのが
「35歳を過ぎると妊娠できる確立はいきなり下がるんですよ〜」
という言葉・・・。

ガーン・・・。
私、36歳なんですけど・・・。

と思ったのを覚えています(笑)

不妊治療の最終手段!?の体外受精でさえ、私が通っている病院のデータでは40%ぐらいで、実は私、体外受精をすればほぼ子供が出来る、と病院に行くまでは勝手に思っていたので、体外受精をしても半分以下という確立にはびっくりしたのを覚えています。
私が通っているIVFなんばの年齢別妊娠実績
(後から調べてみると40%ってのはかなり優秀みたいです^^;)

その後、いろいろ調べてみましたが、確かに35歳を超えると体外受精をしても妊娠できる確立が下がるみたいで、もちろん自然妊娠にしろ、人工授精にしろ、女性が妊娠できる力が下がるってことみたいですね。

ちなみに、自分が治療をしてみて思うんだけど、35歳までに妊娠しようと思ったら35歳で不妊治療を始めても遅いわけで、本当は33歳か34歳ぐらいで病院に行くべきだったなあと思っています。

というのも、不妊治療はとにかく時間がかかる!!

タイミングにしろ人工授精にしろ体外受精にしろ、チャンスは1ヶ月に1度しかないので、1年なんてあっという間に過ぎてしまうんです!
しかも、チャンスを逃してしまう月(治療すら行えない)もあるので、実際には1年に12回チャンスがある訳でもないんですよね・・・。


不妊治療に関する年齢別の恐ろしい確立を発見しちゃいました!


ネットでいろいろ確立を見ていると、「年齢別の生涯子供に恵まれない可能性」を見つけてしまいました・・・。
年齢と妊娠
上記のページの表1を見てみてください。

私は36歳なので、なんと現時点で生涯子供に恵まれない可能性が30%!!

何か、「生涯」っていわれると重いですね・・・。
う〜ん、現時点では受け入れられない現実です(^^;)

これが34歳までなら半分の15%だったわけですので、35歳を過ぎるといかに妊娠できない確立があがるかよく分かりますね。

このページには他にも年齢別の染色体異常の確立や流産の確立などもあるので、ぜひ参考にしてみてください!
| 不妊治療の基礎知識(不妊治療は35歳までに始めるべき!?) | 12:49 | - | - | pookmark |